現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 映画
  5. 記事

劇場映画をネット同時公開 「腐女子彼女。」有料配信

2009年4月9日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 新作映画を劇場封切りと同時にインターネットでも公開する。そんな試みが5月2日公開の「腐女子彼女。」(兼重淳監督)で始まる。劇場の前売り券と同じ1千円で、全編をパソコンや携帯電話で鑑賞できる。製作者側によると日本初の試みという。

 ぺんたぶさんによる人気ブログが原作。オタク趣味の彼女(松本若菜)を持った大学生(大東俊介)の驚きやときめきを描く。映画本編の半分近い約43分の「ショートバージョン」の無料配信が1日から始まっており、劇場公開と同時に全編の有料配信を行う。公式サイト(http://fujoshi.gyao.jp/)から配信サイトに接続できる。

 劇場とネットの相乗効果や公開館のない地方での「観客」獲得が狙い。USENやNTTドコモなどと共同で製作した角川映画では「宣伝費や公開規模が限られた小品を幅広く見てもらう試みとして効果を見極めたい」と話している。(小原篤)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内