現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 映画
  5. 記事

俳優・ジージャー 細腕で超絶アクション

2009年5月25日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真拡大松本敏之撮影

 かわいい女の子が、ジャッキー・チェンかジェット・リーばりの超絶アクションで、屈強な男たちをなぎ倒す。そんなマンガかアニメのような世界を、モデルのようなこの細い体と細い腕で、現実に見せてくれる。初主演のタイ映画「チョコレート・ファイター」が公開中だ。

 「いま新作の撮影がきつくて、体重が41キロまで減ってしまった。でも筋肉は落ちてません。脚とか自信ありますよ。お見せしましょうか?」

 主人公ゼンは母の治療代を稼ぐため、荒くれ男を相手に借金を取り立て、マフィアとの全面対決に突入する。スカートをひるがえし高速ハイキックを連発。ビルの壁を猫のように跳び移り、男たちを次から次へたたき落とす。スタントなしのノンストップアクションは爽快(そうかい)、圧巻だ。

 「私がうまくできないと、相手の人たちが何度も痛い思いをする。初めはそれがつらくて泣いてしまったけど、私がやらなきゃ誰がやる、と自分に言い聞かせました」

 プラッチャヤー・ピンゲーオ監督らが「マッハ!」主演のトニー・ジャーに続いて見いだした逸材。テコンドーの選手だった彼女を4年間もの訓練で鍛え上げた。

 「つらかったのはその日の訓練より将来のこと。家族を養うため映画界に入ったけど、自分はチャンスをつかめるのか、それが不安だった」

 今回は格闘一本で押し通したが、「次の映画はちょっとロマンチックなところもあるの」。“史上最強の美少女”がはにかんだ。(小原篤)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内