現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 映画
  5. 記事

日本アニメ、欧州魅了 ロカルノ映画祭に200本

2009年8月22日

写真:「平成狸合戦ぽんぽこ」が上映された6日夜(日本時間7日未明)のピアッツァ・グランデ=スイス・ロカルノ©FOTOFESTIVAL/PEDRAZZINI「平成狸合戦ぽんぽこ」が上映された6日夜(日本時間7日未明)のピアッツァ・グランデ=スイス・ロカルノ©FOTOFESTIVAL/PEDRAZZINI

写真:スイス人の少女に請われシャツにサインする富野由悠季監督=11日、小原写すスイス人の少女に請われシャツにサインする富野由悠季監督=11日、小原写す

 スイスの湖畔のリゾート地が、欧州の映画ファンと日本のアニメが出会う場と化した11日間だった。15日閉幕した第62回ロカルノ国際映画祭で、約200本もの日本アニメを集めた特集「マンガインパクト」が開催され、多様な映像表現が大小様々な衝撃(インパクト)をもって受け止められた。

 戦前から現代、短編・長編からテレビ作品まで、これだけ網羅的な大規模な特集は日本でも例がない。名誉豹(ひょう)賞を贈られた高畑勲(「平成狸合戦ぽんぽこ」など)、富野由悠季(「機動戦士ガンダム」など)両監督のほか、「ポケットモンスター」シリーズの湯山邦彦監督、「つみきのいえ」でアカデミー賞を受賞した加藤久仁生監督ら、約20人の日本人クリエーターが講演や会見をした。

 2年半をかけ準備した学芸員のカルロ・シャトリアンさんは「日本アニメの広大な世界を、自由に歩き自分なりの地図を描く。そんな場を、欧州の一般の映画ファンに提供したかった」と話す。

 映画祭の象徴的存在であるピアッツァ・グランデ(大広場)の野外上映で「ぽんぽこ」を見たイタリア人夫婦は「アニメは初めてだが、難しいテーマを分かりやすく伝え、とてもよくできていた」と話し、4日後の「ガンダム」の野外上映も訪れた。

 その上映をガンダム好きの息子と見に来た年配のスイス人男性は「戦闘シーンが続くが、その奥には人間ドラマがある」と感心。翌日、講演後の富野監督は10代の集団に囲まれサイン攻めに遭った。その一人、13歳のスイス人少女は「『ガンダム』は初めて見た。中に出てくる、ちっちゃくて丸いロボットが好き」。

 欧州でも、30代以下は日本アニメを見て育った世代。「マンガインパクトのためイタリアから来た。普通の映画祭でこんなに多くアニメを上映するのに驚いた」「大好きな『ドラゴンボール』をスクリーンで見られるなんて感激」といった声を聞いた。

 メディアの関心も高く、地元紙のほか仏紙ルモンドが一面で取り上げた。シャトリアンさんは昨年、イタリア人監督ナンニ・モレッティの回顧特集も手がけたが、「私が昨年受けた取材は5件だったのに、今年は30件だ」と驚く。「この映画祭は、マニアのものだった日本アニメが、欧州で映像文化の未来の言語として、新たな歴史をスタートするきっかけになったと思う」

 2千〜5千人を集めた野外上映にしても他の会場にしても、集客は実写映画に比べればやや苦戦という印象で、会見や講演が表層的な内容に終わってしまうこともあった。それでも「マンガインパクト」の意義は、多くの人が集い、多様なアニメに出会う広い場所になったことだ。ロカルノの象徴、ピアッツァ・グランデのように。(小原篤)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内