現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 映画
  5. 記事

「ザ・コーヴ」受賞 欧米通信社、太地町の反応伝える

2010年3月8日

 米映画「ザ・コーヴ」がアカデミー賞を受賞したことについて、欧米通信社は8日、地元・和歌山県太地町の住民らの反応を伝えた。

 AFP通信は町民から取材。「太地町の漁師は海外メディアの取材を拒むが、イルカ漁を『何世紀にもわたる伝統』と訴える多くの町民らの支持を得ている」として、「漁師が気の毒。映画は、ここでの暮らしを真摯(しんし)に描いていない。イルカを殺すのと、牛や豚といった他の哺乳(ほにゅう)類を殺すのに違いがあるのだろうか」と言うガソリンスタンド従業員の話を伝えた。

 同通信はまた、8日に同町を訪ねた映画に関する本の共同著者、ハンス・ピーター・ロス氏が「住民と話をしようとしたが、できなかった。彼らと話し合うことができれば、私は彼らの将来について語りたい。イルカウオッチングツアーの方がイルカ漁よりも優れた観光産業になる」と語ったと報じた。

 ロイター通信は、太地町長の「映画の内容は科学的根拠に裏付けられていない」などとするコメントを紹介した。(西山貴章)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内