現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 映画
  5. 記事

〈映画大好き!・おうちでシネマ〉60〜70年代の娯楽作がDVDに

2010年3月26日

写真:「走れ走れ!救急車!」「走れ走れ!救急車!」

 20世紀フォックスが「リクエスト・ライブラリー」と称し、ファンの要望が多い作品を連続してDVD化している。ポール・マザースキー監督の「結婚しない女」など13本を発売した昨年の第1弾に続き、今年もフレッド・ジンネマン監督の「ジュリア」(1977年)など60〜70年代の娯楽作を中心に13本が初めてDVDになる。

 今年の注目は、26日発売のピーター・イエーツ監督「走れ走れ!救急車!」(76年)。ソフト化自体が初めてになる。民間の救急会社がライバル会社と、病人やケガ人の争奪戦を繰り広げるという、ちょっとアブナイ抱腹コメディー。この作品に限らず、当時のアメリカ映画は、馬鹿馬鹿しい物語の中にも女性の自立やベトナム戦争の後遺症といった硬派な主題をにじませる。ニューシネマの残り香に、作り手の心意気を感じる。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内