現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 映画
  5. 記事

〈映画大好き!〉4月の4本

2010年3月26日

写真:「誘拐ラプソディー」拡大「誘拐ラプソディー」

■起死回生を狙った誘拐劇 「誘拐ラプソディー」

 38年生きて借金と前科だけが残った男(高橋克典)。自殺にも失敗した時、一人の少年に出会う。男は起死回生を狙って少年を誘拐し、身代金を奪おうとするが、少年の父は暴力団の組長(哀川翔)だった……。意外にもほのぼのした印象の榊英雄監督作品。(3日から)

■昆虫たちの名演技 「昆虫探偵ヨシダヨシミ」

 業務は虫の浮気調査や“尋ね虫”探し、報酬はオオクワガタ。どんな動物とも会話できる異色探偵が国家規模の大事件に挑む。青空大地の漫画を、大の昆虫好きの哀川翔の主演で映画化。よいこにおすすめできないアダルトな吹き替え付きで多彩な昆虫が名演技を見せる。(3日から)

■国際結婚 笑いと涙 「ダーリンは外国人」

 英語の苦手な日本人女性(井上真央)と、語学オタクで日本語もペラペラの米国人男性(ジョナサン・シェア)が出会い、様々な障害を乗り越えて、揺るぎない家族になるまでの物語。大島里美の脚本は笑わせて泣かせて、さわやかな後味を残す。(10日から)

■名作、鮮やかに復活 「幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター」

 山田洋次監督、高倉健主演の1977年の名作が、米国版リメーク作品の公開に先立ってスクリーンに復活。北海道の緑の大地、武田鉄矢と桃井かおりを乗せて走る赤い車、夕張の炭鉱住宅にたなびく黄色いハンカチが、鮮やかによみがえる。(10日から)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内