現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 映画
  5. 記事

総理はつらいよ? 山田監督「肩の力抜いて」、首相激励

2010年4月20日

写真:鳩山由紀夫首相(右)と握手する山田洋次監督=19日午後、首相官邸、飯塚悟撮影鳩山由紀夫首相(右)と握手する山田洋次監督=19日午後、首相官邸、飯塚悟撮影

 「こんなに『つらい』ときだからこそ、総理は映画でも見て、肩の力を抜いて欲しい」

 映画「男はつらいよ」などで知られる映画監督の山田洋次さんが19日、支持率低下に悩む鳩山由紀夫首相を首相官邸に訪ね、こんなエールを送った。

 昨年12月に開かれた山田監督の作品「おとうと」の試写会に首相が出席したのがきっかけで、面会が実現した。山田監督は、収入が安定しないため、人材が育ちにくい映画業界の現状を説明。「制作スタッフが安心して働ける雇用制度が必要だ」と訴えた。

 米軍普天間飛行場の移設問題の行き詰まりや支持率低下で窮地に立つが、表向き「総理はつらいよ」と言えない鳩山首相。山田監督は「今、あまりにつらくて、そう言えないんでしょうが、本当に頑張ってもらいたい」とエールを送っていた。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内