現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 映画
  5. 記事

米海兵隊の新兵訓練がドキュメンタリーに 渋谷で上映中

2010年4月26日

 米国海兵隊の新兵訓練をとらえたドキュメンタリー映画「ONE SHOT ONE KILL 兵士になるということ」が、東京・渋谷のアップリンクで上映されている。以後、名古屋、大阪、札幌などで上映する。

 監督は、土本典昭監督の下で助監督を務めた後、沖縄・辺野古の米軍基地移設反対運動などを追い続けてきた藤本幸久。「日本の同盟国とされている米国の軍隊のことをもっと知らなければいけない」。

 海兵隊入隊の動機を語る若者たちのインタビューから、新兵が厳しい訓練を受けてマリーン(海兵隊員)として卒業する姿までを収める。藤本監督は「どうすれば普通の若者が人を殺せるようになるのかを探った」と話した。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内