現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 音楽
  5. 記事

「津軽海峡・冬景色」 作曲家・三木たかしさん死去

2009年5月11日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真三木たかしさん

 「津軽海峡・冬景色」「時の流れに身をまかせ」など多くのヒット曲を生んだ作曲家の三木たかし(みき・たかし、本名渡辺匡〈わたなべ・ただし〉)さんが11日朝、岡山市内の病院で死去した。64歳だった。

 東京都出身で、歌手の黛ジュンさんは妹。作曲家の船村徹さんに師事し、67年に「恋はハートで」(泉アキ)で作曲家デビュー。77年には「思秋期」(岩崎宏美)や「津軽海峡・冬景色」(石川さゆり)で日本レコード大賞中山晋平賞を受賞した。その後も故テレサ・テンさんの「つぐない」「愛人」「別れの予感」や「夜桜お七」(坂本冬美)、「ふり向くな君は美しい」「アンパンマンのマーチ」など日本歌謡史を飾る多彩なヒット曲を送り出した。

 劇団四季の「李香蘭」や宝塚歌劇団の「夢は世界を翔(か)けめぐる」などの音楽も手がけた。05年に紫綬褒章を受章。日本作曲家協会理事長も務めた。

 06年に咽頭(いんとう)がんの手術で声帯の一部を切除した。闘病のかたわら、「凍(い)て鶴」(五木ひろし)を作曲するなど創作活動を続けた。昨年12月の日本レコード大賞では審査委員長を務めた。今年1月にはNHKの番組「歌謡コンサート」に出演。妹の黛さんの後ろでギターを演奏した。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内