現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 音楽
  5. 記事

「高校三年生」 作詞家の丘灯至夫さん死去

2009年11月24日

写真作詞家の丘灯至夫さん

 「高校三年生」や「高原列車は行く」で知られる作詞家の丘灯至夫(おか・としお、本名西山安吉〈にしやま・やすきち〉)さんが、24日午前4時2分、腎不全のため東京都内の病院で死去した。92歳だった。葬儀は近親者で行い、後日お別れの会を開く予定。喪主は妻ノブヨさん。

 福島県出身。毎日グラフ記者として働くかたわら作詞家として活動。まだ戦後の混乱が残る昭和20年代に「高原列車は行く」や「あこがれの郵便馬車」など、ハイカラで都会風な詞を書いて評判になった。舟木一夫が歌った「高校三年生」(1963年)は、ニレの木陰やフォークダンスのフレーズが、戦後の明るい学園生活を表して大ヒット、日本レコード大賞作詩賞を受賞した。ほかに「東京のバスガール」「みなしごハッチ」「ハクション大魔王の歌」など。

     ◇

 ■舟木一夫さんの談話 「高校三年生」の生みの親が相次いで亡くなられ、ドラ息子だけが残っちゃいました。丘、遠藤実両先生にたくさんのヒット曲をいただいて育ちましたから、育ての親を失ったような気持ちです。この先も丘先生の作品群を大切に歌い続けていきたいと思います。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内