現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 音楽
  5. 記事

日本以外ありえない 「一気に全曲」演奏、なぜ挑む

2009年12月5日

■故岩城さんが先駆け 完奏後に感動

 「第九」や「メサイア」のポスターが街中に躍り出し、年末気分も高まってきた。これら日本の風物詩にここ数年、新手の「売れ筋」が加わっているのをご存じだろうか。ベートーベンの交響曲の一挙上演を筆頭とする「一気に全曲」企画だ。時に苦行に近い思いをしてまで、演奏家も聴衆も、なぜ挑むのか。

    ◇

 東京・上野の東京文化会館で大みそかに、ベートーベンの交響曲や室内楽曲が一挙上演される。大ホールでは2007年から、指揮者の小林研一郎さんが交響曲全曲演奏を繰り広げている。演奏はNHK交響楽団の有志メンバーなど。午後2時に始まり、「第九」が終わるころにはすっかり年明け。毎年盛況で、今年も完売の見込みだ。

 「一曲を追うごとに、拍手の熱狂も度を増していく。『もっともっと密度の濃い世界を見せてくれ』と言われている気分になってくる」と小林さん。

 小ホールでも、ベートーベンの弦楽四重奏曲の連続公演が開かれる。06年、後期6曲を2団体がリレー演奏し、翌年からは中期の傑作も加わった。

 数年や数カ月という長期的な視野で、特定の作曲家の作品の全曲演奏を目指す公演は、これまでも少なくなかった。しかしこのところ、一気呵成(いっきかせい)にやり終えてしまおうという、演奏家にも聴衆にも「苦行」に近いと思われる公演が増えているのだ。

 芸術家が表現のなかに自らを追い込んでいく。その現場をこそ見守りたい――。そんな聴衆の渇望を最初に覚醒(かくせい)させたのは04年、小林さんの前にベートーベン交響曲全曲演奏に挑んだ故・岩城宏之さんだった。

 大病に侵されていた05年の公演は、酸素吸入を受けながらの強行。自らを、七転八倒しながら新たな世界を切り開き続けたベートーベンに重ねる巨匠のたたずまいは、ドキュメンタリー番組にもなり、幅広い人々の心に届いた。岩城さんは翌年6月、73年の生涯を閉じた。

 その後「一気に全曲」をうたう企画が引きも切らなくなる。

 今夏には東京で、南米の巨匠ビラロボスが残した、多彩な編成からなる「ブラジル風バッハ」全9曲が5時間がかりで上演された。指揮をしたブラジルのロベルト・ミンチュクさんは目を丸くした。演奏家と聴衆がひとりの作曲家に何時間も向き合う。ある種マゾヒスティックともいえる企画は「日本以外の国ではまずありえない」と。

    ◇

 なぜ、こんなことが起きているのか。明治の西洋文化導入期から「教養」としてクラシックを植え付けられてきた日本人。作曲家を「イコン(聖像)」としてリスペクトする気持ちを、引きずっているのは確かだ。

 だが、それだけではなさそうだ。この秋、名古屋でベートーベンの全32曲のピアノソナタを5日がかりで弾いた若林顕さんは「楽器の制約を超え、音楽そのものに肉薄できた。演奏家人生にターニングポイントをつくることができ満足」と語る。演奏家たちが自らの音楽人生に意味を見いだすきっかけを探している、という現状もある。

 一方で、格闘技に挑む選手たちを眺めるのと同様の熱狂を、聴衆がアーティストに求め始めたことも一因、とピアニストの中村紘子さんは読み解く。

 一昨年、ベートーベンのピアノ協奏曲全5曲を1日で演奏した。「すべての曲に一気に『対面』する面白さには、演奏家として代え難いものがあったが、同時に聴衆に刺激やスリルを求められているとも感じた。コンクールでの優勝や波乱の人生。ドラマのあるスターを求める風潮と無関係ではないのかも」

 いずれの公演でも、聴衆の拍手はあまねく温かい。ハプニングや失敗をあげつらう声も少ない。「完奏」のあかつきには、約束された感動を皆と共有できる。箱根駅伝を皆で見るのに近い感動を、クラシックも担う時代が来たのだろうか。

 今月7日にバッハの無伴奏チェロ組曲全6曲を演奏するチェリストの木越洋さんはこう語る。「聴衆も覚悟を決めてきてくれるから、コミュニケーションが充実する。間口を広げようと軽い演奏会を増やしている業界の思惑以上に、一般の聴衆はより奥深いクラシックの世界を我々に求めているんだ、と弾くたびに感じずにいられません」

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内