現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 音楽
  5. 記事

嵐独走、秋元順子も好調 オリコン年間ランキング発表

2009年12月25日

表拡大  

 ジャニーズ強し、でも国民的なヒット曲は生まれず――オリコンがこのほど発表した2009年の年間ランキング(08年12月8日〜09年12月13日集計)はそんなポップス界の現状を再認識させた。嵐がシングル、アルバム、音楽DVDで売り上げ首位を独占する一方で、シングルのミリオンセラーは昨年に続いて出なかった。固定ファンを超えて幅広い大衆に浸透する難しさは今年も変わらなかった。

 シングルで最も売り上げ枚数が多かったのが、嵐「Believe」の65万枚(オリコンの推計枚数、以下同)。さらに2、3、5位も嵐が占めた。カトゥーンや関ジャニ∞も合わせたジャニーズ事務所のグループがトップ10のうち7作。昨年もトップ10の半分を占めており、分厚いファン層を見せつけた。

 そんななか、4位に割って入ったのが「アラ還の星」こと秋元順子「愛のままで…」の48万枚だった。08年1月に発売され、昨年の紅白歌合戦への出場などでさらに売り上げを伸ばした。累計では60万枚を超える。もともとの知名度からヒットの規模を考えると、今年を代表する歌と呼べるかも知れない。

 発売元のキングレコード制作担当者、金沢悦子さんは「熟年層にとって、演歌とは違ったタイプの音楽が新鮮だったのではないか。同世代が歌っているという共感を呼んだと思う」。

 アルバムも嵐のベスト盤「All the BEST!」が143万枚で首位。ミスター・チルドレン、グリーンと計3作が100万枚に達した。昨年に続きベスト盤が目立つが、9位のスーパーフライ、14位のいきものがかりはオリジナル盤で40万枚を超え、健闘が光る若手だった。

 CDやDVDなど「モノ」になった音楽ソフトを集計しているオリコンのランキングは、配信チャートに比べ、アイドルやアニメなど購買意欲の高い固定ファンが支えるジャンルほど、存在感がますます強まる傾向にある。その象徴的な存在がビートルズだ。「ザ・ビートルズBOX」(3万5800円)などリマスターCDの高額商品がヒット。アルバム部門の売上金額のアーティストごとの集計では、52億円でエグザイルに次ぐ2位になった。(宮本茂頼)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内