現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 音楽
  5. 記事

ウズベクの実力派と島唄など共演 31日に高円寺

2010年3月25日

写真拡大ユルドゥス・トゥルディエワ写真拡大ユニットの4人

 ウズベキスタンの実力派伝統歌手、ユルドゥス・トゥルディエワを迎えたコンサートが31日に東京で開かれる。

 日本の邦楽と現代音楽のユニットが昨年11月、中央アジアのウズベキスタン、トルクメニスタン、アゼルバイジャン、グルジアを訪ね、コンサートを開いた。

 メンバーは奄美島唄の前山真吾、薩摩琵琶の塩高和之、作曲・ギター・ボーカルの国広和毅、パーカッションのAkira Sunriseの4人。ウズベキスタンではユルドゥスと共演し、島唄との即興のかけ合いを披露した。

 今回はその帰国コンサートだ。Sunriseは水を使った自作の楽器を演奏する。塩高は特注の大型薩摩琵琶と雅楽の楽琵琶を使う。奄美島唄と薩摩琵琶の共演も珍しい。

 午後7時、東京・高円寺の座・高円寺2。前売り2500円、当日3千円。電話03・3589・6554(公演事務局)。(篠崎弘)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内