現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 芸能一般
  5. 記事

体を張ってPR トータルテンボス、ゼブラ新製品をアピール

2010年5月26日

写真:前列左から、アームストロング 安村・栗山、トータルテンボス 藤田・大村、チョコレートプラネット長田。
後列左からふくろとじ けんちゃん・てっちゃん、もっこすファイヤー のりお・やまだ、チョコレートプラネット 松尾。拡大前列左から、アームストロング 安村・栗山、トータルテンボス 藤田・大村、チョコレートプラネット長田。 後列左からふくろとじ けんちゃん・てっちゃん、もっこすファイヤー のりお・やまだ、チョコレートプラネット 松尾。

写真:面白い記者会見だったと書いてもらおう!と気合を入れる「スラリ検証部」メンバー拡大面白い記者会見だったと書いてもらおう!と気合を入れる「スラリ検証部」メンバー

写真:司会はあべこうじ拡大司会はあべこうじ

写真:実際に「スラリ」が配布された拡大実際に「スラリ」が配布された

 トータルテンボスら吉本興業の若手芸人が、大手文具メーカー・ゼブラの新ボールペン「スラリ」をPRする「スラリ検証部」を結成、26日、都内でイベントを行った。体操着姿で登場したメンバーが取材陣を巻き込むシーンもあり、笑いが尽きない会見となった。(アサヒ・コム編集部 清水大)

 「スラリ検証部」とは、「スラリ」のなめらかさを、吉本芸人が体を張って検証するために結成されたチーム。トータルテンボスの大村が、「面白い記者会見にするぞー!」と掛け声をかけ、それぞれ持ちネタを披露した。

 大村が会場に向けて声を発する。

 「ゼブラの記者会見なのに、××社のボールペンを使ってる記者さん、いませんかー?」。いけない、記者はP社のボールペンだ……と思っていたら「持ってない方のために、今からスラリをお配りします!」。本当に席まで配りに来た。もらって、さっそく試してみたら、確かに「スラリ」である。

 「スラリ」は、油性の手ごたえと水性(ジェル)の軽さを兼ね備えた「エマルジョンインク」が搭載されているのが特徴。製品化までに5年の歳月を要し、1000種類以上の試作を重ねたという。全9色、太さは0.5、0.7、1ミリの三種類で1本105円(税込み)で発売中。

 「スラリ検証部」は結成後、「スラリ」のなめらかさを検証する体を張った実験を行った。「スラリスト検定試験」や「ボールペン反復横書き 世界記録会」など計35本の動画が完成、この様子はYouTube吉本チャンネルで公開中。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介