現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 芸能一般
  5. 記事

パク・ヨンハさん死因、地元警察「ストレスの末の自殺」

2010年6月30日

 【ソウル=牧野愛博】ソウルの江南警察署は30日、韓流ドラマ「冬のソナタ」などに出演し、同日亡くなった韓国の人気俳優パク・ヨンハさん(32)の死因について、末期の胃がんで闘病している父親の看病疲れや事業、芸能活動などでストレスが重なった末の衝動的な自殺と推定されると発表した。

 死亡推定時刻は午前4時から5時半の間で、遺書は見つかっていない。死亡当時、自宅には両親と3人だけだったという。同署の担当者は「経済的に困っていたことはなかったそうだ」と語った。

 同署によれば、パクさんは30日午前零時過ぎに軽く酔った状態で帰宅した。父親に「代わりに自分が痛みを感じないといけないのに。すまない、すまない」と泣き出しそうな声で話し、自室に戻ったという。

 パクさんは普段は悩みを外に漏らさない性格だったが、数日前にも「仕事が大変だし、生活もとてもつらい。考えを少しまとめたら、また話す」と周辺に漏らし、睡眠薬も服用していたという。

 パクさんは韓流ドラマ「冬のソナタ」でペ・ヨンジュンさんとチェ・ジウさんを取り合う恋敵役を演じ、人気を集めた。

 日本との関係も深く、自身のツイッターでは最近、日本での公演などを巡る心情を吐露していた。20日未明には「初めての公演、うまくいった。胸がドキドキして眠れない」と語った。

 26日には、空港で待ちかまえていたファンが印象深かったのか、「空港に来ることをどうやって知ったんだろう。明日の公演では、絶対聞かなきゃ」と語りかけた。パクさんは1日、日本に向けて再び出発する予定だった。

 一方、パクさんの遺体が安置されたソウル市内の病院には30日、知人の芸能人らが次々と弔問に訪れた。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介