現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 日刊スポーツ芸能ニュース
  5. 記事

福山雅治デビュー20周年で故郷長崎に凱旋

2009年8月30日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 福山雅治(40)が29日、デビュー20周年を記念し、地元の長崎・稲佐山公園野外ステージで凱旋(がいせん)公演「夏の大創業祭」を行った。約5キロ離れたビッグNスタジアム(長崎県営野球場)でもパブリックビューイングを同時開催。計4万人が声援を送った。

 開演時間に登場したのは本会場ではなく球場だった。「できるだけ多くの人に感謝を伝えたい」。サプライズ演出として始球式を企画。ユニホーム姿でマウンドに立ち、小学校時代にソフトボール部投手だった腕前を披露。「ただいま。帰ってまいりました。地元で培った音の力に乗せて1つでも多くみなさんの笑顔という花を咲かせます」。声援に送られながら球場外で待つヘリコプターに乗り込み、本会場に向かった。

 本会場は市内を一望する稲佐山の8合目。ふもとで育った福山のホームグラウンドだ。星球と呼ばれる電飾を10万4000個設置。花火500発を打ち上げ、さながら採算度外視の「福山祭」。野外の開放感から福山も「今日はどれだけ騒いでも誰からも怒られませんよ〜」とあおった。

 18歳の時、故郷を出た。浮き沈みの激しい世界で活躍を続け、清濁も知った。「自分を育てたのはやはり長崎」と数年前から地元活性化に尽力。凱旋公演は署名7万人という地元のラブコールも後押しした。2日前に長崎入りし、準備の合間に長崎駅に立ち寄り、自分を歓迎するボードにこっそり「ただいま」とサインした。公演では長崎にまつわる曲のメドレーも歌った。今後も故郷を愛し、恩返しを続けるつもりだ。

日刊スポーツ ロゴ
Copyright 2009 日刊スポーツ新聞社 記事の無断転用を禁じます

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内