現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. ぴあエンタメニュース
  5. 記事

中川翔子、5年連続”ポケモン映画”参加に「生きててよかった!」

2011年6月2日17時1分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

:『劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ…』で声の出演を務める中川翔子拡大『劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ…』で声の出演を務める中川翔子

アニメ史上初の2作同時公開となる『劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム/白き英雄 レシラム』の公開アフレコが1日に都内のスタジオで行なわれ、高橋英樹、谷原章介、石原さとみ、山寺宏一、大地真央、中川翔子と湯山邦彦監督が会見を行なった。

その他の写真

『劇場版ポケットモンスター…』は、サトシとピカチュウたちの冒険を描いた劇場版第14&15作目。今回は幻のポケモン・ビクニティに導かれ、伝説のポケモン、ゼクロム(高橋)とレシラム(谷原)それぞれを中心とした2つのストーリーが展開される。

今年で芸能生活50周年を迎える高橋は「アニメの声優は初めての挑戦で、かなり厳しい監督でしたが非常にやりがいがあり、いろいろな部分で新しいものを表現できた」とあいさつ。“理想”を追求する心が強い人間の前に姿をあらわすという伝説のポケモン“ゼクロム”を演じて「『お前の理想はなんだ』という大好きな台詞が出てくるのですが、“理想”を最近見失いがちの若者が多いので、“理想”を突きつけるというこの役をとても気持ちよくやらせてもらった。外国に行くと子どもたちが『ポケモン』に夢中になっている姿を見る。これからはみんなお友だちと言えますから、私の自慢になります」とコメント。谷原は「『ダイヤモンド・パール』あたりから『ポケモン』のゲームをやっていて、自分が遊んでいた『ホワイト』の中の敵・レシラムを演じるというのはとても楽しかった」とニッコリ。湯山監督は「“ゼクロム”も“レシラム”も台詞は少ないが、全てが決め台詞でひと言ひと言が重い。カッコイイけど、ちょっと怖い“ゼクロム”と、優しくて華麗な美しさのある“レシラム”ができあがった」とふたりを絶賛した。

5年連続で声優を務め、今作では男の子と女の子の二役を演じる中川は「もう本当にめくるめく衝撃、感動、走馬灯のように今までのキャラクターたちがよみがえり、感激と喜びと興奮で困っております。生きててよかった!」と喜びを爆発。「子どもの頃に観た『ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』では、アニメを観て震えてしまう、感動で泣いてしまう、そんないろいろな気持ちを教えてくれました。そんな『ポケモン』と、こうして大人になっても変わらずに、ゲームもアニメも映画でも毎年ワクワクさせていただいてすごくうれしいです」と熱く語った。

劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ『ビクティニと黒き英雄 ゼクロム』/『ビクティニと白き英雄 レシラム』7月16日(土)全国東宝系にてロードショー
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
(C)Pokemon
(C)2011 ピカチュウプロジェクト

ぴあ
ぴあ 記事・画像の無断転用を禁じます

検索フォーム

おすすめリンク

待望のデビューシングルはGLAYのTAKURO書き下ろし。清楚で初々しい歌声をこの耳で!

永遠のスタンダードナンバー「スタンド・バイ・ミー」をはじめ、ベン・E・キングの魂の歌を聴け!

気象予報士の資格を活かしメディアで活躍する10人の女性たちが、その道のりを語る

グラン・ブルー、ニキータ、レオン、フィフス・エレメント…ブルーレイ、DVD、お好きなほうで

若手女優の中でも独特の存在感が光る、蒼井優さんの出演作品をチェック

とことん機能美を追求した、まるでオブジェのようなスピーカーをご紹介


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介