現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. 演芸
  5. 記事

音曲師の柳家紫朝さん死去 「粋曲」の第一人者

2010年4月26日

写真柳家紫朝さん

 柳家 紫朝さん(やなぎや・しちょう=音曲師、本名渡辺実〈わたなべ・みのる〉)が26日、慢性腎不全で死去、80歳。通夜は27日午後6時、葬儀は28日午後1時から千葉県柏市南柏1の5の14の南柏会館で。喪主は妻英子(ひでこ)さんと長男辰也(たつや)さん。連絡先は落語協会(03・3833・8563)。

 寄席で新内や都々逸などを披露する芸「粋曲」の第一人者。祖父の鶴賀喜代太夫に新内を学び、1952年に落語の八代目桂文楽に入門。六代目三遊亭円生らから多くの江戸の音曲を学んだ。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内