現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. 歌舞伎
  5. 記事

芝翫、藤十郎、富十郎…200人ずらり 歌舞伎座閉場式

2010年4月30日

 建て替えられる東京・銀座の歌舞伎座で30日、閉場式が開かれた。式の最後は俳優約200人が広い舞台をぎっしりと埋め、中村芝翫(しかん)さんが「さらに精進を重ね、新しい歌舞伎座のできる日を待ちたい」とあいさつ。坂田藤十郎さんが「歌舞伎座に感謝を込め、新しい歌舞伎座が世界に広がるように」と述べて満場の観客とともに手締めをし、約60年間、歌舞伎の殿堂として愛された建物に別れを告げた。

 式は正午と午後4時の2回催された。尾上菊五郎、松本幸四郎、中村吉右衛門、市川団十郎さんら8人による舞踊「都風流」と、坂東玉三郎、中村魁春さんら女形5人で踊る「京鹿子娘道成寺」が披露され、口上では、芝翫、藤十郎、中村富十郎さんがそれぞれ、自身の襲名や息子の初舞台など思い出を語った。

 新しい歌舞伎座は2013年春に完成する。(山口宏子)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内