現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. 古典芸能
  5. 記事

幻の浄瑠璃「弘知法印御伝記」英で発見、「地元」へ

2009年9月9日

写真よみがえった「弘知法印御伝記」=新潟・野村ひとみ撮影写真「古浄瑠璃集(大英博物館本)」にある「弘知法印御伝記」の絵

 元禄時代に浄瑠璃本として海外に持ち出され、数奇な運命をたどってきた浄瑠璃がある。ゆかりがある新潟県で、地元で結成された越後猿八座によって、300年ぶりに舞台に復活した「弘知法印御伝記(こうちほういんごでんき)」である。

 話は1962年にさかのぼる。浄瑠璃研究の早稲田大学名誉教授の鳥越文蔵さんは、ケンブリッジ大学で教えるために英国に渡ったとき、「大英博物館にえたいの知れない古い本がある。みてほしい」と現地の研究者に頼まれた。

 それが、浄瑠璃の台本に絵をつけた、数点の浄瑠璃本だった。保存状態はよく、しかもその一冊「越後国柏崎 弘知法印御伝記」は、日本では現存が確認されていないものだった。

 自らの遊びがもとで妻が殺され、息子たちと別れた男が即身仏になるまでの物語。14世紀に即身仏となって、いまも長岡市の西生寺に安置されている弘智法印がモデルだ。日本橋堺町で説経浄瑠璃をしていた江戸孫四郎が、年代など大きく変えて物語にし、貞享2(1685)年ごろに舞台にかけたらしい。近松門左衛門が活躍する以前の「古浄瑠璃」は、英雄や昔話、高僧などの物語が多く、地方のあまり知られていない僧の話は珍しく、貴重な浄瑠璃だ。

 海外には、ドイツ人医師ケンペルが持ち出したようだ。ケンペルは、元禄時代に長崎のオランダ商館で働き、オランダ人一行に加わって二度も江戸に旅し、徳川綱吉に謁見(えっけん)している。1692年に離日するとき、船の積み荷の下に「日本の印刷したものや手書きの資料」を隠したと日記にある。彼の資料類はのちに大英博物館にまとめて所蔵されたが、浄瑠璃本は中国の歴史書と勘違いされたのだ。

 鳥越さんは、国内には虫食い本しか残っていなかった他の浄瑠璃もふくめて、1966年に「古浄瑠璃集(大英博物館本)」として刊行した。

 それから40年。鳥越さんの友人で日本文学研究者のドナルド・キーンさんは、文楽で三味線弾きをやっていたが新潟にもどっていた鶴沢浅造さんから「新潟で人形浄瑠璃をやりたい」と相談された。地縁があって面白い、古い浄瑠璃の復活をすすめた。

 浅造さんは鳥越さんの上演許可をえ、キーンさんから越後角太夫と名前もつけてもらい、佐渡の文弥人形の人形遣い西橋八郎兵衛さんとともに、越後猿八座をたちあげた。一般から募集、20代から60代の男女が加わり、座員は総勢18人。こうして浄瑠璃は、ことし6月に柏崎市でよみがえった。

 7月の新潟市での公演をみた。言葉がわかりやすく聞こえるように、しかも古風に作曲し、角太夫さんが三味線も語りも熱演した。人形は西橋さんが作った。江戸初期のころのように西橋さんはじめ座員たちは1人でひとつの人形を操る。女に化けた魔王、オオカミ、天狗(てんぐ)などが空を飛んだり、走ったり。エネルギーにあふれた舞台に観客からは笑いもおきた。さんざめきながらみたであろう、江戸の人々の姿さえ想像できる素朴な楽しさがあった。

 一座の公演は、まだ新潟県内に限られている。夢はいずれ大英博物館で上演することだ。海を渡って生き残った物語。まだ続きがありそうだ。(由里幸子)

 ◇問い合わせは、越後猿八座(025・222・3870、午前10時〜午後6時)へ。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内