現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. 落語
  5. 記事

6歳「KOHARU亭」最年少V ワッハ上方演芸コン

2009年8月23日

写真古典落語「動物園」で爆笑をさらい、ワッハ上方大賞に輝いた田中啓二朗君=大阪市中央区のワッハ上方

 大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方、大阪市中央区)で23日に開かれた「第12回ワッハ上方アマチュア演芸コンテスト」の決勝大会で、「KOHARU亭けいじろう」の高座名で出場した名古屋市千種区の小学1年生、田中啓二朗君(6)が最優秀のワッハ上方大賞に輝いた。同賞の最年少受賞者で、196組の頂点に立った。

 啓二朗君が落語を始めたのは2年前、事故で首から下がまひする大けがを負って入院していた祖父の中川政明さん(61)を笑わそうと、覚えた落語を病室で演じてみせたのがきっかけ。漫才やコントなどを含む12組で競い合った決勝では、上方落語家の故・桂枝雀さんのDVDを見て練習を積んできた古典落語「動物園」を豊かな表情で演じきり、会場を爆笑させた。

 啓二朗君は「自分もやりながら楽しかった。うれしいです」。車いすで名古屋から応援に駆けつけた政明さんは、「前日は緊張でなかなか寝付けなかったようですが、まさかこんな賞を取るとは。これを励みに楽しんで落語を続けていってほしい」と孫の大活躍に目を細めていた。(篠塚健一)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内