現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. 落語
  5. 記事

円生襲名、三つどもえの争いに 弟子の円窓も名乗り

2010年5月25日

写真三遊亭円窓写真三遊亭円丈写真三遊亭鳳楽

 昭和の落語の名人、六代目三遊亭円生(えんしょう)の襲名を巡って、弟子の三遊亭円丈(えんじょう)(65)と孫弟子の三遊亭鳳楽(ほうらく)(63)が名乗りを上げている問題で、弟子の三遊亭円窓(えんそう)(69)が後継争いに加わった。円生の遺族の一部から襲名を促され、関係者の間での調整を続けているといい、17日に開かれた落語協会の理事会にも出席して経緯を報告。「調整が済んだらきちんとお話しする」としている。

 襲名を巡っては円生の筆頭弟子だった故・五代目円楽が自らの筆頭弟子の鳳楽を七代目円生に指名。これに対して円生の直弟子の円丈も名乗りを上げて、3月には2人で「円生争奪杯」の落語会を開くなどしたが、結論は出ていない。円丈の兄弟子にあたる円窓は当初、鳳楽の襲名には反対していたが自らは立候補せず、争奪落語会にも参加しなかった。

 円生への入門は円楽、円窓、円丈の順。だが円窓はもとは春風亭柳枝の門下で、円生一門に移ってきた経緯がある。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介