現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. インタビュー
  5. 記事

インタビュー

春野寿美礼が初のソロCD発売へ 私生活も充実

2009年7月21日

  • 取材・文:さかせがわ猫丸/撮影・岸隆子

写真インタビューに答える春野寿美礼さん=撮影・岸隆子

 宝塚歌劇団の元トップスターで、現在は歌手・女優として活躍中の春野寿美礼が、退団後初のソロCDを発売し、コンサートを東京と大阪で開く。この6月に結婚し、歌手として女優として、そして個人として、充実した日々を送る春野に最近の心境を聞いた。

 宝塚退団後初のソロCDは7月22日に発売されるシングル「前山にて/行かないで」と、8月12日にリリースされるアルバム「男と女」。8月から9月にかけてのコンサートのタイトルは「男と女」で、パンフレットにはドレス姿とスーツ姿で写っており、久々に凛々しい男役スタイルの春野が見られる。

 今回のアルバムには、フランス映画のテーマ曲として大ヒットした「男と女」など親しみやすい曲が多く、春野は「ミュージカルやスタンダードナンバーから、ずっと歌いたいと願っていた曲を集めました。タイトルを見てわからなくても、聴けば、あ、知ってる、ステキなメロディーだよね、と思っていただける。そんな曲が入っています」と言う。また、シングルにも収録される「前山にて」は、「あと60年たったなら、私の身体も消え去って…」など物語性のある歌詞がゆったり流れる印象的な曲。コンサートでは、ホームページなどでリクエストが多かった曲も披露されることになっており、宝塚歌劇の「エリザベート」から「最後のダンス」が取り上げられることになった。

 春野は6月に結婚したが、今後も歌は続けていくという。「結婚して、素直な自分がどんどん見えてくるようになりました。そうした女性としての経験が、一層歌に深みを与えてくれるかもしれません。歌は生活に直結しています。もし壁に当たったとしても、それを乗り越えるたびに自分も成長し、歌も変わっていくのだと思っています」と話した。

スター★ファイル

インタビュー全文はアサヒ・コム スター★ファイルで

 今回の春野寿美礼インタビュー全文を「スター★ファイル」コーナーに掲載しています。スター★ファイルを読むにはアサヒ・コムプレミアム・ベーシックパック(月額525円)の購読が必要です。

⇒スター★ファイルへ
⇒プレミアム・ベーシックパックへ

◆春野寿美礼ソロデビューCD

《シングル》「前山にて」/「行かないで」(NE ME QUITTE PAS) 7月22日発売 1223円
《アルバム》「男と女 Un homme et une femme」 8月12日発売 3059円
(いずれもEPICレコードジャパン)

◆春野寿美礼ソロ・コンサート09「男と女」

《東京公演》2009年8月18日(火)〜24日(月)、青山劇場
《大阪公演》2009年9月3日(木)〜6日(日)、梅田芸術劇場・メインホール
出演:春野寿美礼
ゲストミュージシャン:古澤巌、NAOTO
ゲストダンサー:大澄賢也
構成・演出:菅野こうめい
音楽監督:羽毛田丈史
梅田芸術劇場・公演案内へ


検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内