現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. ステージレビュー
  5. 記事

ステージレビュー

「東方神起」など韓国の12チームが震災支援ライブ

2011年6月8日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:“FIGHTING JAPAN”チャリティイベントより「東方神起」=(C)SBS Contents Hub拡大“FIGHTING JAPAN”チャリティイベントより「東方神起」=(C)SBS Contents Hub

写真:“FIGHTING JAPAN”チャリティイベントより「2PM」=(C)SBS Contents Hub拡大“FIGHTING JAPAN”チャリティイベントより「2PM」=(C)SBS Contents Hub

写真:“FIGHTING JAPAN”チャリティイベントより「2NE1」=(C)SBS Contents Hub拡大“FIGHTING JAPAN”チャリティイベントより「2NE1」=(C)SBS Contents Hub

写真:“FIGHTING JAPAN”チャリティイベントより「FTISLAND」=(C)SBS Contents Hub拡大“FIGHTING JAPAN”チャリティイベントより「FTISLAND」=(C)SBS Contents Hub

 韓国のアイドルグループ「東方神起」「2PM」など、K−POPのアーティスト12チームが集結したライブイベントが7日夜、大阪市内の京セラドーム大阪で開かれ、若い女性を中心とした3万4千人が熱狂的な声援を送った。(アサヒ・コム編集部 橋本正人)

 このイベントは、韓国の放送局SBSが主催し、「FIGHTING JAPAN!(ガンバレ、日本!)」を合言葉に開かれたもので、イベント名は「Seoul−Osaka Music of Heart 2011 FIGHTING JAPAN!」。売上金の一部が東日本大震災義援金として日本赤十字社に寄付される。

 参加したのは、「東方神起」「2PM」「2NE1」「FTISLAND」「f(x)」「IU」「BEAST」「4Minute」「U−KISS」「T−ara」「RAINBOW」「MBLAQ」の12チーム。

 司会は、「BEAST」のイ・ギグァン、IU、「f(x)」のソルリ、「FTISLAND」のイ・ホンギがつとめ、日本語で「日本の皆さんの応援のために来ました」とあいさつした。

 会場はペンライトやウチワなどを持った20歳前後の女性で埋め尽くされ、オープニング直前からほとんど全員がスタンディング状態。アーティストが登場するたびに「キャーッ」との大歓声が起こり、公演終了まで休憩なしの3時間、立ちっぱなしで声援を送り続けた。

出演12チーム全部のフォトギャラリーはこちら


検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介