現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. トピックス
  5. 記事

トピックス

児童文学の名作「星の牧場」、朝海ひかるが朗読劇で上演

2011年8月19日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:朝海ひかる=(C)梅田芸術劇場朝海ひかる=(C)梅田芸術劇場

写真:「星の牧場」稽古場より拡大「星の牧場」稽古場より

 宝塚歌劇団の元トップスターで女優として活躍している朝海ひかるが、8月24日から、児童文学の名作「星の牧場」(ほしのまきば)を舞台化した朗読劇に出演する。朝海は仙台の出身で、震災復興支援のために自ら「朝海ひかるふるさと義援金」を設立しての支援を続けており、この舞台も復興支援チャリティー公演として行われる。(アサヒ・コム編集部 橋本正人)

 「星の牧場」は1963年に出版された庄野英二の児童文学で、原作では、戦場で別れてしまった馬の蹄の音が耳から離れない若者が主人公。若者は、山奥に住む音楽・楽器好きの不思議な人たちと出会い、美しい植物や動物とふれあってゆくうちに、自らも楽器を作り、音楽を奏でるようになってゆく。日本児童文学者協会賞・野間児童文学賞などを受賞したこの作品は、舞台・映画化され、宝塚歌劇団は1971年に鳳蘭主演でミュージカル化。2004年には「タカラヅカ90−100年への道」で当時トップスターだった朝海が一部を演じている。

 今回の上演は、宝塚歌劇団出身の荻田浩一氏が台本・演出をつとめる。スペシャルゲストとして朝海の宝塚歌劇の同期でもある春野寿美礼が出演して宝塚時代の名曲を披露するほか、春野の歌と朝海のダンスのコラボも予定している。

◆朗読劇「星の牧場」(ほしのまきば)〜朗読×歌×ダンス〜

《東京公演》2011年8月24日(水)〜8月25日(木) 日本青年館大ホール

《大阪公演》2011年8月29日(月) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

詳しくは公式サイトへ


検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介