現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. トピックス
  5. 記事

トピックス

明るくノリノリ、「ニューヨークに行きたい!!」上演へ

2011年10月20日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:「ニューヨークに行きたい!!」稽古場より=撮影・伊藤華織拡大「ニューヨークに行きたい!!」稽古場より=撮影・伊藤華織

写真:「ニューヨークに行きたい!!」稽古場より=撮影・伊藤華織拡大「ニューヨークに行きたい!!」稽古場より=撮影・伊藤華織

 2007年の初演以来、ドイツ・オランダで大ヒットを記録し“今、ヨーロッパで最もチケットの取れないミュージカル”と評される話題作「ニューヨークに行きたい!!」が、10月29日より日本で初上演される。主演には元宝塚トップスターで、退団後は「エリザベート」「三銃士」など話題作が続く瀬奈じゅん、共演には橋本さとし、泉見洋平、戸井勝海、村井国夫、そして本作がミュージカル初出演となる浅丘ルリ子ら豪華な顔触れが揃う。(フリーライター・岩橋朝美)

 本作は、人気TVキャスターのリサ(瀬奈じゅん)が、ある日突然駆け落ちした母マリア(浅丘ルリ子)とその恋人オットー(村井国夫)を追って、オットーの息子アクセル(橋本さとし)らとともに珍道中を繰り広げるミュージカル・コメディ。ドイツの国民的大ヒット曲メーカーのウド・ユルゲンスのヒット曲に、「エリザベート」のミヒャエル・クンツェが作詞を提供したノリノリのミュージカルナンバーや圧倒的なダンスパフォーマンスも魅力だ。

 稽古取材では、リサ(瀬奈)とアクセル(橋本)たちが、豪華客船でNYに向かった互いの親を追いかけようと算段するシーンが披露された。ヒステリックなリサと、そんな彼女に辟易するアクセルはケンカばかり。演じる瀬奈と橋本の丁々発止のセリフの応酬に、キャッチーで楽しいナンバーが続く。「仕事は全部キャンセル。誰かの呪いなの? それともタタリ? それでも、私は負けない!」と歌う瀬奈に、「今回ばかりは最悪。すべては彼女のせい!」と歌い返す橋本。早くも息の合ったふたりの掛け合いがくり広げられていた。

 この日は、大澄賢也による振付も行われ、自信家でバイタリティあふれるリサ役の瀬奈には、宝塚の男役時代を彷彿させるような決めポーズを含むスタイリッシュな振りが、アンサンブルには歌詞に合わせたユーモラスかつ躍動感あふれる振りが付けられた。ステージを縦横無尽に使って歌い踊り、リフトもある、壮大で楽しいシーンが瞬く間に完成。華麗な衣装とセットがつく本番は、さぞ見ごたえのある場面になるだろうと期待させられた。

 ドタバタの道中のなか、次第に惹かれ合うリサとアクセルの恋の行方にも注目の本作品は、東京に続き、大阪でも上演される。

【稽古場フォトギャラリー】はこちら

《筆者プロフィール》岩橋朝美 フリーエディター、フリーライター。WEBおよび出版を中心に、企画、編集、取材、執筆を行う。エンタテインメント、女性、仕事など、幅広いテーマで活動。

◆ミュージカル「ニューヨークに行きたい!!」
《東京公演》2011年10月29日(土)〜11月20日(日) 帝国劇場
《大阪公演》2011年11月25日(金)〜11月29日(火) 梅田芸術劇場メインホール
詳しくは、公式サイトへ


検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介