現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. ステージレビュー
  5. 記事

ステージレビュー

中川晃教ら4人、小気味よいコメディー「アイラブユー」

2011年10月28日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:東京公演より拡大東京公演より

写真:東京公演より拡大東京公演より

 オフ・ブロードウェイ・ミュージカル「I LOVE YOU, YOU’RE PERFECT, NOW CHANGE」が上演されている。東京、仙台を終え、11月3日に兵庫、5日に福岡で行われる。出演は、シンガーソングライターでミュージカルなどの舞台で活躍している中川晃教、元宝塚娘役トップスターで女優の白羽ゆり、「レ・ミゼラブル」など多くのミュージカル作品で主要な役を演じる神田沙也加、日本におけるR&Bシンガーの草分け的存在で役者としても活躍している米倉利紀。個性豊かなたった4人のキャストが、それぞれ15役ぐらいを演じ分け、人生における様々な男女の愛を巧みに表現、ユーモア溢れる作品に仕上げている。オリジナル版の演出家である、ジョエル・ビジョッフが来日し、オリジナルならではの魅力を残しつつも、日本の「I LOVE YOU」を、新たな魅力を加えて生み出した。(フリーライター・岩村美佳)

 1996年8月から12年間に渡ってオフ・ブロードウェイで上演されていた人気の作品で、オフ・ブロードウェイで最も長く上演され続けた公演のひとつ。世界19カ国で上演された。第1幕は出会って恋人となり、結婚するまでを、第2幕は結婚後を描いている。合計18話からなるストーリー構成のなかで、恋愛未満、恋愛中、恋愛後の人々と彼らの周囲の人々が次から次へと登場し、1話ごとに少しずつ時間が進んでいく。出会い、きらめき、期待、喜び、迷い、落胆、変化…。そして結婚をして変化する愛や年老いて巡り会う愛など、長い人生の中での限りない経験が作品に凝縮されている。

 なんといっても4人が演じるたくさんの役の演じ分けが見どころであり、見事だ。ひと場面ごとに変わる役は、例えば急に子供になったり、老人になったりと、その役の幅も広い。もちろん全てアメリカ人の役だが、リアルにその辺にいそうなキャラクターで、身につまされることも少なくないだろう。「この人○○さんみたい」と、思わず身近な誰かを思い出してみたり。

 音楽はピアノとバイオリンの音色に、4人の豊かな歌声が乗り、美しいメロディの聞き心地の良さが秀逸だ。ときにアカペラで荘厳なハーモニーを生み出し、またそれぞれのソロ曲では充分に聴かせ、アップテンポの軽やかな曲で楽しませる。音でも観客を飽きさせない。

 作品全体をアメリカンテイストの本格的な大人のコメディーに昇華させている点も、本作ならではの魅力。人間の心の裏側や、本音なども、小気味よく織り交ぜている。男女の愛といえば避けては通れないSEXについてもストレートに度々登場するのだが、何ともカラッとコメディー要素をたっぷりと含んでいる。そして、出演者4人によるアフタートーク「恋のお悩み相談室」。観客から寄せられた「恋のお悩み」に、真面目に相談に乗りましょうという企画だが、4人の面白さ全開の絶妙なトークショーとなった。

 オフ・ブロードウェイ作品ならではの濃密さと、どこか抜けた感もあって気楽に楽しめる。おおいに笑って、最後には「愛」を持って帰る、おしゃれで素敵な作品に仕上がっている。

◆ミュージカル「I LOVE YOU, YOU’RE PERFECT, NOW CHANGE」
《兵庫公演》11月3日(木・祝) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
《福岡公演》11月5日(土) キャナルシティ劇場
東京、仙台公演は終了しています。
詳しくは、MUSICAL“I LOVE YOU”公式サイトへ

《筆者プロフィール》岩村美佳 フリーフォトグラファー、フリーライター。舞台関係、ファッションなどを中心に撮影してきた経験をいかし、ライターとしても活動している。「目に浮かぶ言葉」を伝えていきたい。


検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介