現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. トピックス
  5. 記事

トピックス

記憶の中の探し物見つけます「TRIANGLE 2」

2011年11月4日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:「TRIANGLE VOL.2 〜探し屋ジョニーヤマダ〜」稽古場より=撮影・岩村美佳拡大「TRIANGLE VOL.2 〜探し屋ジョニーヤマダ〜」稽古場より=撮影・岩村美佳

写真:「TRIANGLE VOL.2 〜探し屋ジョニーヤマダ〜」稽古場より=撮影・岩村美佳拡大「TRIANGLE VOL.2 〜探し屋ジョニーヤマダ〜」稽古場より=撮影・岩村美佳

 井上芳雄、新納慎也、彩乃かなみによる「TRIANGLE VOL.2 〜探し屋ジョニーヤマダ〜」が、10月30日にパルコ劇場で開幕した。2009年に上演された作品の第2弾。歌とダンスと物語が溶け込んだいきの良さはそのままに、進化したショーステージだ。初演から今回までの間にさらに交流を重ねてきただけあってとにかく仲のいい3人。稽古場では絶妙なコンビネーションを見せていた。(フリーフォトグラファー・ライター 岩村美佳)

 今回のテーマは「探し屋」。探し屋家業を営む前向きでかなり楽天的な男ジョニーヤマダ(井上)は、物や人だけでなく人の記憶も探し出す。ある日、ジョニーの婚約者で刑事のビッキービッキー(彩乃)が依頼を持ち込んだ。クリスマスイブの夜、自宅のマンションで昏睡状態に陥っていたふたりの親友トーマ(新納)の記憶を探ること。ジョニーはトーマの記憶に潜り始め、初めて会った小学校の頃の記憶まで遡っていく。そこで知るのは真実にはいくつもの顔があること、そしてときには残酷であることだった。トーマは昏睡状態から目を覚ますのか。ジョニーとビッキーは結婚できるのか…?

 3人の男女の青春時代の物語に、どこか懐かしさやほろ苦さを思い出す作品になりそうだ。脚本は蓬莱竜太、演出は宮田慶子。蓬莱のリアルな台本を、宮田と出演者が一緒に丁寧に作り上げる。

【「TRIANGLE VOL.2」稽古場 井上芳雄、新納慎也、彩乃かなみの写真語り】はこちら

《フォトグラファー・プロフィール》岩村美佳 フリーフォトグラファー、フリーライター。舞台関係、ファッションなどを中心に撮影してきた経験をいかし、ライターとしても活動している。「目に浮かぶ言葉」を伝えていきたい。

◆「SHOW STAGE NO.1! TRIANGLE VOL.2 〜探し屋ジョニーヤマダ〜」
《東京公演》2011年10月30日(日)〜11月20日(日) PARCO劇場
《名古屋公演》2011年11月23日(水・祝) 刈谷市総合文化センター 大ホール
《大阪公演》2011年11月25日(金)〜27日(日) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
《福岡公演》2011年11月29日(火) キャナルシティ劇場
詳しくは、公式サイトへ

(関連リンク:井上芳雄オフィシャルサイト

(関連リンク:新納慎也オフィシャルウェブサイト

(関連リンク:彩乃かなみオフィシャルウェブサイト


検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介