現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. トピックス
  5. 記事

トピックス

宮城の民謡も収録、フライド・プライドが新アルバム

2012年7月19日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:   拡大   

 ボーカリストのShihoとギタリストの横田明紀男の2人からなるジャズ・ユニット、Fried Pride(フライド・プライド)が、7月18日、ニューアルバム「LIFE―source of energy」をリリースした。2001年のデビューから11年、日本人離れした歌唱力と、超絶技巧のギタープレイで話題を呼び、根強くファンに支持され続けてきた。通算9枚目となる最新作では、スタンダードのカバー曲だけではなく、宮城県の民謡も収録され、ジャズファンはもとより、幅広い音楽ファンに親しみやすい内容になっている。(フリーライター・堀内優美)

 フライド・プライドは、ボーカルとギター、パーカッションのデュオという独自のスタイルで活動してきた。主にジャズのスタンダードを歌うことで知られるが、今回のアルバムではファンが「聴きたかった」ジャズ・スタンダード、Shihoが「歌いたかった」ロックやポップ、横田が「表現したかった」オリジナル楽曲と、三者三様の想いをつなげた仕上がりになっている。タイトルの「LIFE」には「(人生を、音楽を)続けること」の大切さという意味が込められており、命や人生について考えさせられた2011年を経て、アルバムが誕生した。

 スタンダードのカバー曲には「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」「テイク5」などを収録、原曲の美しいメロディラインを保ちつつ、しっとりとしたフライド・プライドらしいテイストが織り込まれている。また、フライド・プライドのアルバムに必ずといっていいほど登場するスティービー・ワンダーの1曲として「悪夢」を収録。さらには、宮城県民謡「大漁唄い込み」をアレンジ。「大漁だエー」という有名な日本語の歌詞に、英語のオリジナルの歌詞も加え、民謡と感じさせない斬新さで異彩を放つ。

 Shihoは「自分たちの音楽が、たった1人にでもいい。パワーの源になってくれれば、続けてきたことに意味がある」、横田は「人と人とを繋ぐ音楽という使命を僕らは与えられ、生かされている」と話している。

 なお、ニューアルバムを引っさげ、7月下旬より全国ライブツアー「Fried Pride Tour2012 LIFE―source of energy」がスタートし、9月19〜20日にはビルボードライブ大阪でのライブが行われる。復興への祈りを込めたソウルフルなライブパフォーマンスに、さらなる期待が寄せられる。

◆「Fried Pride Tour2012 LIFE―source of energy」

《山口公演》2012年7月22日(日) 下関・Jazz Club BILLIE
《岡山公演》2012年7月28日(土) 岡山・MO;GLA
《石川公演》2012年8月9日(木) 金沢・もっきりや
《茨城公演》2012年8月21日(火) 水戸・B2
《福島公演》2012年8月22日(水) いわき・Bar Queen
《宮城公演》2012年8月24日(金) 仙台・darwin
《岩手公演》2012年8月25日(土) 盛岡・すぺいん倶楽部
《秋田公演》2012年8月26日(日) 秋田・The Cat Walk
《青森公演》2012年8月28日(火) 八戸・フラット
《熊本公演》2012年9月11日(火) 熊本・ぺいあのプラス
《愛知公演》2012年9月14日(金) 名古屋・名古屋ブルーノート
《大阪公演》2012年9月19(水)〜20日(木) 大阪・ビルボードライブ大阪
《北海道公演》2012年9月22日(土) 旭川・A.Evans
《北海道公演》2012年9月25日(火) 札幌・キューブガーデン
《北海道公演》2012年9月26日(水) 函館・金森ホール
《長崎公演》2012年9月28日(金) 長崎・オハナカフェ
《福岡公演》2012年9月29(土)〜30日(日) 福岡・Gate’s7
《東京公演》2012年10月3日(水) 東京・ブルーノート東京

(関連リンク:Fried Prideオフィシャルウェブサイト) http://www.friedpride.com/

(関連リンク:Fried Prideブログ) http://yaplog.jp/friedpride/

(関連リンク:Fried Prideオフィシャル告知ページ) http://friedpride.jugem.jp/

《筆者プロフィール》堀内優美 フリーライター。1973年生まれ。兵庫県・淡路島出身。行政の企画情報課で広報・番組制作に携わった後、フリーアナウンサーに。新聞・雑誌・WEBなどで記事の執筆、コラムの連載をしている。自身の経験を生かした音楽・舞台・映画といったエンタテインメント分野が得意。司会者や民間教育機関の講師としても活動している。


検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介