現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. ステージレビュー
  5. 記事

ステージレビュー

長身イケメン軍団の新生宙組、「銀河英雄伝説」で発進

2012年9月5日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:ラインハルト役の凰稀かなめ=撮影・岸隆子拡大ラインハルト役の凰稀かなめ=撮影・岸隆子

 宙組公演スペース・ファンタジー「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」が、宝塚大劇場で8月31日、初日を迎えました。1982年の刊行以来、シリーズ累計1500万部を突破するSF小説「銀河英雄伝説」は、アニメ・漫画・ゲーム・舞台にも広がり、多くの熱狂的なファンを獲得してきました。今回はこの名作に「@TAKARAZUKA」と銘打つ独自の演出を加え、待望のミュージカルとして上演。トップスターに就任する凰稀かなめさんとともに新生宙組が挑む、超大作のお披露目となりました。(フリーライター・さかせがわ猫丸)

 「銀河英雄伝説」は、SFファンタジーながら歴史小説を思わせる重厚なストーリーと、個性あふれる登場人物たちが魅力の大ベストセラー。特に主人公ラインハルトは「宇宙の王子様」ともいえそうなカリスマ性にあふれ、長身スレンダーの美貌を最大の武器とする凰稀さんには最高のハマり役となりました。今回、凰稀さんとともにトップ娘役に就任する実咲凜音さんは、ラインハルトの良き理解者ヒルデガルド役に。宇宙戦争がテーマの中で、宝塚に欠かせない恋物語をさわやかに彩っています。

 核戦争で汚染された地球を脱出した人類は、2801年、銀河連邦を設立。それから300年後、ゴールデンバウム王朝の圧政に耐えかねた人々が、新たに自由惑星同盟を築く。そうして銀河帝国VS自由惑星同盟の終わりなき宇宙戦争が始まった。銀河帝国を率いる戦の天才ラインハルト(凰稀)は、自国の権力に群がる門閥貴族たち、そして不敗の魔術師と呼ばれる軍人ヤンを擁する自由惑星同盟との果てしなき戦いに挑む。

 原作は長編ですが、宝塚独自のアレンジを加え、ポイントとなるシーンや重要なセリフもしっかり組み込みまとめあげているのはさすが小池修一郎氏。ラインハルトの右腕キルヒアイスに宿敵ヤン、頼りになる部下ロイエンタールにミッターマイヤー、妖しい雰囲気の参謀オーベルシュタインなど、個性あふれるキャラクターの魅力を宙組生たちがあますところなく演じ、映像やレーザー光線、高さのある舞台装置など視覚的演出も斬新で、息をもつかせぬ展開の3時間があっという間に過ぎて行きました。設定や人間関係は足早ながらコンパクトに説明してくれるので、原作を知らなくても大丈夫です。壮大な銀河への旅@TAKARAZUKA。長身イケメン軍団の新生宙組号へ、一緒に乗りこんでみましょう。

【公演レポート全文はこちら】

◆「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」
《宝塚大劇場公演》2012年8月31日(金)〜10月8日(月)
⇒詳しくは、宝塚歌劇団公演案内へ http://kageki.hankyu.co.jp/revue/289/index.shtml
《東京宝塚劇場公演》2012年10月19日(金)〜11月18日(日)
⇒詳しくは、宝塚歌劇団公演案内へ http://kageki.hankyu.co.jp/revue/290/index.shtml

《筆者プロフィール》さかせがわ猫丸 大阪府出身、兵庫県在住。全国紙の広告局に勤めた後、出産を機に退社。フリーランスとなり、ラジオ番組台本や、芸能・教育関係の新聞広告記事を担当。2009年4月からアサヒ・コム(朝日新聞デジタル)に「猫丸」名で宝塚歌劇の記事を執筆。ペンネームは、猫をこよなく愛することから。


検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介