現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. トピックス
  5. 記事

トピックス

世界の音楽の見本市 関西ミュージックカンファレンス

2012年10月3日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:関西ミュージックカンファレンス(KMC)2012に参加したトマシュ・マフ=撮影・岩瀬春美拡大関西ミュージックカンファレンス(KMC)2012に参加したトマシュ・マフ=撮影・岩瀬春美

写真:関西ミュージックカンファレンス(KMC)2012より=撮影・岩瀬春美拡大関西ミュージックカンファレンス(KMC)2012より=撮影・岩瀬春美

写真:関西ミュージックカンファレンス(KMC)2012より=撮影・岩瀬春美拡大関西ミュージックカンファレンス(KMC)2012より=撮影・岩瀬春美

写真:関西ミュージックカンファレンス(KMC)2012より=撮影・岩瀬春美拡大関西ミュージックカンファレンス(KMC)2012より=撮影・岩瀬春美

 世界五大陸から60組以上のアーティストが大阪に集結。関西ミュージックカンファレンス(KMC)が、9月14〜17日に開催された。KMCは、世界のミュージシャンや音楽関係者、音楽好きの人たちが出会い、語り合う、奥行きのある国際交流イベントだった。(フリーライター・岩瀬春美)

 ミュージック・カンファレンスとは、音楽の見本市のことだ。「日本ではあまり馴染みがありませんが、欧米などではよく行われています」と話すのは、KMC委員長のデュエイン・レヴィ氏。米国で音楽ビジネスに携わっていた彼は「まだ日本で名が知られていない世界のプロの音楽家たちが、日本の音楽ビジネス関係者や音楽ファンたちと交流できる場を作りたい」という思いで、2009年にKMCをスタート。以降、毎年9月に開催し、今回で4回目を迎えた。

 日本に住む外国人アーティストの他、米国や南米、東欧、アジア、アフリカからも多くのミュージシャンが来日。モンゴルの伝統音楽を披露する日本人シンガーや三味線奏者もいて、関西各地のステージで民族色豊かなライブを展開した。音楽のジャンルも、ロック、R&B、ヒップホップ、ジャズ、ブルース、ラテン、クラシックなど幅広い。メイン会場の大阪歴史博物館のホールや研修室では、ライブや、ドラム演奏などの実践講座、日本の音楽関係者を講師に招いたミュージシャンのためのセミナーが行われた。

 「自分の音楽をどう売るか?」というセミナーでは、ハードロックカフェ・ユニバーサルシティウォーク大阪のマーケティング・マネージャーが講師として来ており、多くの海外ミュージシャンが参加した。ライブハウスとレストランでの演奏の違いとは、自分の演奏で店の売り上げを伸ばすには、などの質問に対して、講師と参加者が討論するスタイルでセミナーが進行。今回の来日でチャンスをつかみたいと思っているミュージシャンたちの姿勢は本気だ。海外の音楽家たちの悩みや活動内容を知ることができるのは、音楽ファンにとっても興味深いだろう。

 KMCでの来日を、着実に次へのステップに結び付けている音楽家がいる。チェコのバイオリン奏者、トマシュ・マフ(Tomas Mach)さんもその1人だ。2011年、KMCで初来日を果たした彼は、イベントの他に、関西各地でライブ・パフォーマンスも行った。今回も彼は、KMCに参加するために来日したのだが、昨年彼のライブを観た観客から別のイベントの誘いを受けた。その1つが、世界が注目するアメリカのプレゼンテーションのイベント「TED」への招待だった。彼は9月16日、京都で初めて開催された「TEDxKyoto」にプレゼンターとして参加し、音楽の力について語り、演奏も披露した。自身の音楽で、様々な出会いを生み出し、チャンスをつかんでいるトマシュさん。会場では優しい笑顔で気さくに話してくれたが、ステージでは一転、情熱的な音色を奏でた。

 KMCの会場の1つ、大阪のアイリッシュ・パブ「The Blarney Stone」での単独ライブでは、古典音楽や、クラシックとジャズを融合したオリジナル曲などをたっぷりと披露。13年前に他界した母に捧げて演奏する場面もあり、世界のどこにいても、彼が深い思いを持ってバイオリンを奏でていることが伝わってきた。

 「音楽の架け橋」をテーマに掲げるKMC。イベントは、音楽を通して新たな出会いや、ビジネスチャンスを生み出す、有意義な内容だった。5回目となる2013年には、9月20〜23日に開催される予定だ。

◆関西ミュージックカンファレンス公式サイト
http://www.kansaimusicconference.com/jpn/
イベントは終了しています。

《筆者プロフィール》岩瀬春美 福井県小浜市出身。人生の大半を米国ですごした曾祖父の日記を読んだことがきっかけでライターを志す。シアトルの日本語情報誌インターン、テクニカルライター等を経て、アサヒ・コム編集部のスタッフとして舞台ページを担当。2012年1月よりフリーランスのライターとして活動。


検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介