現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. インタビュー
  5. 記事

インタビュー

「イルミナートフィル」結成、指揮者・西本智実に聞く

2012年10月11日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:「大和証券グループPresentsイルミナートフィルハーモニーオーケストラ結成記念コンサート」を開催する西本智実=撮影・岩村美佳拡大「大和証券グループPresentsイルミナートフィルハーモニーオーケストラ結成記念コンサート」を開催する西本智実=撮影・岩村美佳

 指揮者として世界的に活躍してきた西本智実が、時代に即した全く新しいタイプのオーケストラ「イルミナートフィルハーモニー」を結成、11月に上野公園の野外ステージで結成記念コンサートを開催する。朝日新聞デジタルでは、世界を舞台に常に新たなステージへの旅を続ける西本さんに、イルミナートフィルにかける思いや、女性指揮者としてのあり方などのお話をうかがった。(フリージャーナリスト・中本千晶)

 インタビュー当日は、「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」として古川国家戦略担当大臣(取材当時)の表彰を受け、日本に戻る前には中国の北京で、世界経済フォーラム(ダボス会議)の夏季年次総会に出席していたという西本さん。「ダボス会議から与えていただく機会は、自分が音楽をやっていく上でもとても有意義」と話す。

 会議で世界各地の人と交流する中で感じるのは、今の世界が、ちょうど150年前ぐらいの世界に似ているなということだそうだ。ヨーロッパではフランス革命が終わり、ロシア革命の前夜、アメリカでは独立戦争が終わった後、まさに世界中で新たな価値観が構築されようとしていた時代だ。「いつ生まれるかは誰も選ぶことができないから、この時代に生まれたからには、与えられた人生をまっとうしたい。世界の動きから感じられることを、時差なく、音楽を通じて伝えていきたい」という。

「日本でも、数年前に比べても価値観はさらに多様化しているし、いっぽうで世界がうんと狭くなっている。今は、おのおのの国の特徴を打ち出していくべき」とも話す西本だが、そういった発想の中で生まれたのが「イルミナートフィルハーモニー」だ。

 その特徴を聞かれても、「『こんな感じです』と説明するのが難しい。例がない」と話す西本。たとえば、本拠地ひとつとっても「志を持つ様々な専門を持つ人達と新しい世界を目指す。場所も選ばないし、外国とも合同で一緒に創っていく。いわば本拠地は世界」といった具合だ。

 その背景には、地方公共団体などから助成金を得ながら、その地域にあるホールを本拠地とするという、これまでのやり方が成り立たなくなっているという事情もある。「でも、そこに芸術家がいる以上、どこかで結びついてやっていけるはず。難しいシチュエーションだけど、それだけに新しい可能性もある」と厳しい時代に向き合う意欲をみせる。

 公演場所についても、これまでのように残響の良いホールにはこだわらない。11月のコンサートでは、湿気の多い日本の風土では難しいといわれてきた「野外」での上演にチャレンジする。「風が吹くと音が流れるのは、日本風に言えば『いとをかし』。自然が生み出す偶然の良さもあるのだから、『じゃあどうすればいいんだ?』という可能性を探るほうが前向き」と考える。

 女性ながらにして、凛々しく指揮棒を振る姿のカッコ良さは誰しも認めるところ。まるで舞台を観ているかのように、西本の指揮ぶりを観てしまうファンも多いが、本人は「奏者や演者にリズム、タイミング、発音等の表現の種類を指揮者は観せますが、客席に対して直接観せるという意識はまったくない」。そのエレガントな振り方には、幼い頃から習っていたバレエの影響もあるのかと思いきや、意外にも「昔のほうがもっと姿勢が良かった。指揮者の場合、バレエとはむしろ逆のポジションで、あまり上体が高すぎると、重い音や厚みのある音が出ない」のだそうだ。

 だが、幼い頃からバレエを習い、指揮者としてのキャリアもオペラからスタートした西本は、オペラやバレエの指揮へのこだわりもひとしおだ。「プラスアルファの集中力を舞台に向けなければいけないから大変だけど、でもそれがすごく好き。全員で作っていく感覚も大好きなので、これからもどんどんやっていきたい」と話した。

 女性の指揮者ということで何かと注目されることが多いが、体を酷使する指揮では、女性らしくスカートを履くことも、ヒールのある靴を履く事も無理だという。リハーサル中も、動きやすさだけを考え、できるだけゆったりとした服を着る。「指揮台に立つ時、音楽以外に気になるものは作りたくない。性別はもちろんのこと、国籍も、年齢も」、その集中力は音楽だけに向けられている。

 ロシアから始まり、ヨーロッパを経て、アメリカ、そしてアジアへと歩んできた西本の音楽の旅は、すでに2周目に入っている。「1周目とは違う道も歩き、世界が広い事を知りたいし、自分の源流を知りたいと思っています」。その旅が、どこに向かって行くのかが楽しみだ。

【西本さんのブルーレイ・DVD・CDはこちら】

【インタビュー全動画はこちら】

◆「大和証券グループPresentsイルミナートフィルハーモニーオーケストラ結成記念コンサート」
《東京公演》2012年11月2日(金)〜3日(土・祝) 上野恩賜公園野外ステージ
お問い合わせ:結成記念コンサート事務局 tel. 03-3505-1322 (平日11時〜16時)
⇒詳しくは、西本智実オフィシャルウェブサイトへ http://www.tomomi-n.com/

(関連リンク:西本智実オフィシャルウェブサイト) http://www.tomomi-n.com/

(関連リンク:イルミナートフィルハーモニーオフィシャルウェブサイト) http://www.illuminartphil.com/

《筆者プロフィール》中本千晶 フリージャーナリスト。宝塚関係の著作に「宝塚読本」(文春文庫)、「なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか」(小学館新書)。2011年10月に「なぜ宝塚歌劇の男役はカッコイイのか」(東京堂出版)を出版。Astandスターファイルでも「ヅカナビ」連載中。


検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介