現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. インタビュー
  5. 記事

インタビュー

「エリザベート」コンサート出演、一路真輝×花總まり対談

2012年11月5日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』に出演する一路真輝(写真右)、花總まり(左)=撮影・岩村美佳拡大『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』に出演する一路真輝(写真右)、花總まり(左)=撮影・岩村美佳

写真:『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』に出演する一路真輝=撮影・伊藤華織拡大『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』に出演する一路真輝=撮影・伊藤華織

写真:『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』に出演する花總まり=撮影・伊藤華織拡大『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』に出演する花總まり=撮影・伊藤華織

 『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』が11月に東京・東急シアターオーブ、大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演される。1996年の宝塚歌劇団雪組の初演キャストをはじめとして、歴代キャストにニューキャストが加わり、コンサートバージョンでの上演となる。朝日新聞デジタルでは、初演トート役の一路真輝、エリザベート役の花總まりにインタビューし、初演当時やガラ・コンサートについて話を聞いた。(フリーライター・岩村美佳)

 初演の一番の思い出について尋ねると、一路は「花ちゃんがおろおろしてたこと」と笑う。「宝塚の娘役ってわりと寄り添い型が多くて、花ちゃんも勿論そういうところはあるけれど、でも、芯がすごくしっかりしていて、そこにすごく救われていたんです。その花ちゃんが『エリザベート』を前に本当にどうしようというのが伝わってきたので、『壁にぶちあたったんだな』と思いました」と当時の花總について話した。

 この話を聞いて花總は、「私は緊張したりすると真顔になってしまうんです。誰にも焦っているようには伝わらないんです」と恐縮しきり。「でも、内心はいつも大変だった」と明かす。「『エリザベート』は今までと全然違って、本当に歌が出来ないと成り立たないというぐらい歌がすごく多かったんですね。私はどちらかというと歌が得意ではなくて。しかも一路さんの退団公演でしたし、これは大変なことになったと」と、当時の苦しい想いを語った。

 初演の稽古中、1幕の1場が出来上がったときに、一路は今までに経験したことのない稽古場の熱気のようなものを感じたという。「『うわぁ! 何かすごいものがあるぞ』と…。だから、そのときかな。もしかしたら『これはいける』と思ったのが。小池さん(小池修一郎)とプロデューサーと3人で目を見合わせて『OK!』というのがあったような気がします」と話した。花總はその場面を舞台稽古の花道から見ていた。「それこそ宝塚にない雰囲気で始まるし、ひとり感動していたのを覚えています。この場面を見れるのは私だけって」と笑った。

 お互いのトート、エリザベートの印象について、一路は、「初演の成功を導いた絶対的な要因のひとつに、花ちゃんのエリザベート皇后が作品にしっかり生きていたこと」と言いきる。「どんなに歌が上手くても一国の皇后という気品、立ち居振る舞い、そしてその重責の中で年月を重ねていくことというのを出せなかったら話が成り立たないんじゃないかなと思うんです」と花總がいかにハマリ役だったかを強調した。花總は「何ともいえない、妖しい魅力に引き込まれる…。自然にちょっと危険なトートに引き込まれて行きましたね」という。

 ガラ・コンサートで初演メンバーが再び揃うことを喜ぶふたり。「稽古場で皆が声を合わせたときは、とにかく懐かしかったね」と盛り上がる。今回のガラ・コンサートの制作発表で小池が、「宝塚時代よりも円熟したものを見せて聞かせてくれるのではないか」と期待を寄せていたが、一路は「確実に初演のときのドギマギした花ちゃんはどこにもいないし、それはすごく見どころなんじゃないかなと思います。でも退団して年月が経っている私たち元・男役は、皆どうやって扮装して、あの時代に戻ろうかと。『どうしよう!』って言ってます」と笑って稽古場の様子を話した。花總は、「もう1回この歌が歌えることが素直に嬉しいです。初演メンバーや他のメンバーとももう1回携わることが出来て、幸せ」という。

 また、衣装をつけて行った2006年のガラ・コンサートの映像を見て、最初は不思議だったそう。だが一路は、「衣装をつけずにやるよりは楽」とこのガラ・コンサートならではの特徴を語った。「衣装をつけていなくてもトートに見せたり、その時代に見せることは、ものすごい集中力と本公演以上にその世界に引き込む力がかかると思うんです。扮装するというのは、役者としてはありがたい」と話す。16年経って死神の扮装をすることに抵抗があったそうだが、「小池さんが演出をされ、初演の役者が揃うとなったときに、何を一番望んでいらっしゃるかと考え、私も意を決して」と出演をきめた経緯を語った。「扮装しているのにハンドマイクを持っているという不思議なことを全てOKにしてしまうのは、この曲の魅力ではないかなと思いますね」と話した。

【対談の全文はこちら】

◆『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』
《東京公演》2012年11月6日(火)〜21日(水) 東急シアターオーブ
《大阪公演》2012年11月25日(日)〜12月3日(月) 梅田芸術劇場メインホール
⇒詳しくは、梅田芸術劇場公演情報へ http://www.umegei.com/schedule/131/index.html

(関連リンク:一路真輝オフィシャルサイト) http://www.toho-ent.co.jp/actress/show_profile.php?id=1236

(関連リンク:一路真輝オフィシャルブログ) http://ameblo.jp/ichiro-maki/

(関連リンク:花總まりオフィシャルサイト) http://www.from1-pro.jp/talent/detail.php?id=112

(関連リンク:花總まりオフィシャルブログ「Mari’s Life」) http://ameblo.jp/hanafusa-mari/

《筆者プロフィール》岩村美佳 フリーフォトグラファー、フリーライター。舞台関係、ファッションなどを中心に撮影してきた経験をいかし、ライターとしても活動している。「目に浮かぶ言葉」を伝えていきたい。


検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介