現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. インタビュー
  5. 記事

インタビュー

同期だからこそ見せられる色 宝塚宙組・十輝いりす&七帆ひかる(2)

2008年10月21日

  • 取材・文:榊原和子/写真:岸隆子

写真宙組若手男役の七帆ひかる(プロフィール)

 宝塚歌劇団宙組の宝塚大劇場公演は、新作ミュージカル『Paradise Prince』と、ダンスが満載のショー『ダンシング・フォー・ユー』の2本立て。怪我というアクシデントを乗りこえて、主演娘役・陽月華が半年ぶりに復帰することでも話題だ。この公演で活躍が期待されている長身男役コンビ、十輝いりすと七帆ひかるの同期生同士にインタビューした。

→インタビュー(1))

同期コンビのいろいろな見せ場

── おふたりはショーでは女役になることもけっこうありましたね。
十輝: よくありました(笑)。
七帆: 今回は残念なことになくて(笑)。
── 今回のショー『ダンシング・フォー・ユー』の演出は中村一徳さんですから、ダンスが多いのでは?
七帆: そうなんです。ダンスはすごいですよ。それも群舞が多い。
十輝: お客様があっけにとられるくらい踊りまくります。
七帆: 種類もいろいろなんですよ。私はスペインの場面担当なのでスパニッシュを踊ります。
十輝: 私はパリ担当なんです。でもシャンソンではなくて、タンゴなどを踊ります。
七帆: いろいろな曲が出てくるよね。中詰めの場面はアラビアだけど、その中でラテンもブルースもあって、アラビア語の数字でかけ声かけたりしていますから。
十輝: そうそう、あれ面白いね。
── おふたりの一押しの場面はスペインとパリということですか?
七帆: いえ、ニューヨークです!
十輝: 絶対ニューヨークです(笑)。
七帆: なんと今回初めて銀橋に2人で出るんです。
十輝: おじいちゃんとか女役じゃなくて(笑)。
七帆: 歌います!
── それはビッグニュースですね。
十輝: ソフト帽にコート姿です。
七帆: 中はスーツで、ジャズを歌うんです。
十輝: そうそうジャズ! 都会的なジャズを(笑)、かけ合いで歌います。
七帆: 歌をいただいて2人で歌うんだというのはすぐにわかったんですけど、振付のときに先生がここでこう歩いて行ってと。そのときは振付を覚えるのに必死だったんですけど、終わったあとで「待てよ? 2人で銀橋に行ったよな?」って気がついて、すごく嬉しかったです。
十輝: ハハハ(笑)。

写真宙組若手男役の十輝いりす(プロフィール)

── 初めての2人銀橋が同期だというのは心強いですね?
七帆: やっぱり心強いです。
十輝: 同期だからこその呼吸があるからね。
── まちがえても安心ですね。
十輝: いや、それはわからないですね。
七帆: うん、それは保証できない(笑)。
十輝: 自分のところしか覚えてないかもしれないから(笑)。
七帆: 助ける自信まではないよね(笑)。でも同期だからこそ見せられる色はがんばって出したいね。
── 1999年の初舞台生、つまり85期って活躍してますよね。すごく注目されていたし。
七帆: それはなんといっても星組の柚希礼音がいますから。舞台を観に行ったりすると刺激を受けますね。
十輝: そう、すごいなと思う。(元月組主演娘役の)映美くららは早く抜擢されて退団してしまったけれど、各組で頑張っていますね。宙組は音乃いづみがこの春に退団して、今は美羽あさひと大海亜呼と4人になりました。
七帆: 私たちって、予科生のときの雰囲気のままでここまできちゃったところがありますね。あまり変わってない。とにかくのんびりしています。
十輝: 宙組自体がのびのびしてるしすごく自由なんですよ。とくに私たちは、“感覚が普通人”なところが特徴で。
七帆: そうだね。いつもこのまんまだからね(笑)。だからこそ男役とか舞台人という点で苦労したところがあるかもしれない。「もっとしゃきっとしろ」と、よく上級生には言われましたから。
十輝: 気取れないっていうのが欠点だね(笑)。
七帆: でも娘役の美羽にしても大海にしても、稽古場で見てるとすごくしっかりしてて、頼もしい。
十輝: 本当、しっかりしてるよね。
── そんな男役10年目のおふたりにこれからの抱負を。
七帆: 男役10年ってよく言いますけど、10年やっても出来ていないし、出来ていると思ってしまったらもう伸びないのではないかと思います。これからもコツコツと、満足せずに進んでいきたいなと。
 下級生の頃は見よう見まねでやっていましたけど、きっとサマになっていなかったと思います。それが10年やってきたことで、少しはサマになってきた。そこからさらに上級生を見ながら素敵な男役に成長したいですね。
十輝: ようやく気張らずに男役ができるようになったし、普通に立っていられるようになったかなと思います。でも男役10年なんてこんなものなの?というくらい、理想には先の長い話ですね。永遠に、いや永遠じゃないけど(笑)、そう思うくらい男役って終わりがないですよね。
 自分が初舞台のとき、研10年のかたを「すごいな」と思って見ていたから、自分もその立場で下級生に見られてるんだなと。今は教えてあげないといけない立場ですから、ちゃんと自覚を持って教えてあげたいし、同時に自分自身も成長し続けていきたいなと思っています。
── では、まずはこの公演の、“ニューヨークの銀橋”を楽しみに。
十輝: かっこよく出ます!
七帆: 頑張ります(笑)。

◆ミュージカル『Paradise Prince』 モダンアート界で若くして成功を収めたスチュアート(大和悠河)には大きな夢があった。それはアニメーション作家になり、子供の頃から描き続けているキャラクター「Paradise Prince」を、テレビシリーズとして世に送り出す事。スチュアートは、夢に向かってゼロから始めようと、アニメーション会社で働き始める。だが彼を待っていたのは、厳しい下積みの生活だった。そんな中、スチュアートは美大生のキャサリン(陽月華)と出会う。作・演出:植田景子

◆グランド・レビュー『ダンシング・フォー・ユー』 エネルギッシュなダンスが中心のレビュー。作・演出:中村一徳

《宝塚大劇場公演》:9月26日(金)〜11月3日(月)(詳しくは宝塚歌劇団公演案内へ)/《東京宝塚劇場公演》:11月21日(金)〜12月27日(土)(詳しくは宝塚歌劇団公演案内へ

☆十輝いりす(とき・いりす):2月17日生まれ、東京都出身。99年「ノバ・ボサ・ノバ」で初舞台。宙組に配属。身長178cm。愛称「まぁ」「まさこ」。
☆七帆ひかる(ななほ・ひかる):11月18日生まれ、茨城県出身。99年「ノバ・ボサ・ノバ」で初舞台。身長175cm。愛称「えりこ」。


検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内