現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. トピックス
  5. 記事

トピックス

ショーはNYの場面に注目 宝塚宙組の十輝いりすと七帆ひかるがトークイベント

2008年10月12日

  • 取材・文:佐藤さくら

写真拡大宙組大劇場公演でショー『ダンシング・フォー・ユー』演出の中村一徳(左)、宙組若手男役の十輝いりす(中央)と七帆ひかる=6日、宝塚バウホールにて

写真拡大宙組若手男役の十輝いりす(左)と七帆ひかる=6日、宝塚バウホールにて(プロフィール)

 兵庫・宝塚大劇場で上演中の宝塚歌劇宙組『Paradise Prince/ダンシング・フォー・ユー』のアフタートークイベントが、10月6日、宝塚バウホールにて行われた。この日のゲストは『ダンシング〜』の演出家・中村一徳と宙組の十輝いりす、七帆ひかるの3人。

 スクリーンで本公演の見どころなどが流れた後、まずは中村を迎えてスタート。今回のショーについて「宙組独特のフレッシュな明るさを伝えたかった」と語りつつ、「そこに各出演者の性格のようなものを加えて、場面を作っていきました」と、座付き作家らしい制作秘話も。

 その後、十輝と七帆が登場。本作ではアニメーター・ジャック役の十輝と、舞台美術担当のケヴィンを演じる七帆。衣装がデニムにニット帽という現代の男性ファッションだけに、司会者から「参考にした人は?」との質問が。七帆が「街中で観察しました」と言うと、十輝は「でも(舞台でかぶるには)ニット帽はものすごく暑いですね」ともらし、客席から思わず笑いが。

 一方、ショーで注目してほしいのは「ニューヨークの場面」と口を揃える2人。銀橋でトレンチコートを翻して歌う様子は、長身の十輝と七帆ならではの見どころだ。「上級生のプロマイドを参考にしながら、付けまつ毛の種類を選ぶ」(十輝)、「楽屋でもみ上げを書いているときに(男役の)スイッチが入りますね」(七帆)と、男役らしいエピソードも飛び出し、会場はリラックスムードに。

 音楽学校から現在までの12年間を、共に過ごしてきた同期生。七帆が「お互いマイペースなので一緒にいてラク」と話せば、十輝は「直してほしいところ?特にないです」と返すなど、息の合ったところを見せていた。(ライター・佐藤さくら)

        ☆        ☆        ☆

 アサヒ・コムでは、十輝いりすさん&七帆ひかるさんの対談を近日公開予定です。お楽しみに。

写真写真拡大(左)宙組公演『Paradise Prince』より。左端が十輝いりす=撮影・岸隆子/(右)宙組公演『Paradise Prince』より。中央が七帆ひかる=撮影・岸隆子

◆ミュージカル『Paradise Prince』 モダンアート界で若くして成功を収めたスチュアート(大和悠河)には大きな夢があった。それはアニメーション作家になり、子供の頃から描き続けているキャラクター「Paradise Prince」を、テレビシリーズとして世に送り出す事。スチュアートは、夢に向かってゼロから始めようと、アニメーション会社で働き始める。だが彼を待っていたのは、厳しい下積みの生活だった。そんな中、スチュアートは美大生のキャサリン(陽月華)と出会う。作・演出:植田景子

◆グランド・レビュー『ダンシング・フォー・ユー』 エネルギッシュなダンスが中心のレビュー。作・演出:中村一徳

《宝塚大劇場公演》:9月26日(金)〜11月3日(月)(詳しくは宝塚歌劇団公演案内へ)/《東京宝塚劇場公演》:11月21日(金)〜12月27日(土)(詳しくは宝塚歌劇団公演案内へ

☆十輝いりす(とき・いりす):2月17日生まれ、東京都出身。99年「ノバ・ボサ・ノバ」で初舞台。宙組に配属。身長178cm。愛称「まぁ」「まさこ」。
☆七帆ひかる(ななほ・ひかる):11月18日生まれ、茨城県出身。99年「ノバ・ボサ・ノバ」で初舞台。身長175cm。愛称「えりこ」。


検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内