現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. インタビュー
  5. 記事

インタビュー

舞台で生きる喜びを 「愛と青春の宝塚」主演、紫吹淳・湖月わたる 

2008年12月3日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真「愛と青春の宝塚」でリュータン役をWキャストで演じる元月組トップの紫吹淳(右)と元星組トップの湖月わたる(プロフィール)=撮影・吉原朱美

 宝塚OGたちが宝塚歌劇の生徒を演じることで話題のミュージカル『愛と青春の宝塚〜恋よりも生命よりも〜』が開幕した。新宿コマ劇場のファイナルでもあるこの作品は、太平洋戦争中の宝塚歌劇を舞台に、美しいステージの夢と暗い現実の間で精いっぱい生きたタカラジェンヌたちの青春を描いたもの。その主演として人気男役スターのリュータン(嶺野白雪)をダブルキャストで演じる紫吹淳と湖月わたるに、リュータン役について、また宝塚への思いなどを語ってもらった。

 雪組トップスターのリュータンはとてもパワフルでかなり破天荒なキャラクター。トップスターとしての責任や重圧は、お互い経験者としてよくわかると声を揃えるが、自分と重なるところは1ミリもないと笑って話すのは紫吹淳。湖月も「体育会系なところは自分と共通していると思っていたが、想像以上の人物でした」と言う。

 ミュージカルでは歌劇団演出家・影山航へ恋心を抱くリュータンの女性としての面も描いている。男役トップスターとして組子たちに接する場面と、影山先生と2人きりの場面では、台詞も歌も発声が全然違うので難しいと湖月。退団後、女性に戻るのにすごく苦労したという紫吹は、この頃になってやっと少し切り替えができるようになったかもしれないと話した。

 2人にとって鈴木裕美の演出手法はとても新鮮で、いい意味で細かくてビックリしたという。一方で、ダブルキャストということで自由に作れる部分もあって、お互いのリュータン像は相当違うし、芝居全体の雰囲気も違ってくるだろうと紫吹は語った。

 三木たかしによる音楽は日本人の心に響く昭和のメロディでつづられ、とても懐かしい印象だ。紫吹、湖月、彩輝なお、貴城けいで結成された期間限定ユニット“T4”による主題歌CDも誕生し、歌番組やイベントにも出演するなど、この作品を通してさまざまな体験が出来たと話す。

 舞台のライブ感が好き、お客様からエネルギーをもらって、自分も発してという関係が好きだと言う2人。その素晴らしさをこの作品でもきっと味わっていただけると思うので、ぜひ観にきてほしいと語った。

         ※      ※      ※

 アサヒ・コム プレミアム「スター★ファイル」の特集「『愛と青春の宝塚』Wキャスト対談」では、紫吹淳さんと湖月わたるさんの対談のほか星奈優里さんと大鳥れいさん彩輝なおさんと貴城けいさん紫城るいさんと映美くららさんの対談もお読みいただけます。

◆『愛と青春の宝塚〜恋よりも生命よりも〜』
原作・脚本・原詞:大石静
演出:鈴木裕美
作曲:三木たかし
出演:紫吹 淳・湖月わたる(※Wキャスト)、彩輝なお・貴城けい(※Wキャスト)、星奈優里・大鳥れい(※Wキャスト)、紫城るい・映美くらら(※Wキャスト)、石井一孝、本間憲一/佐藤アツヒロ ほか
《東京公演》
期間:2008年12月2日(火)〜22日(月)(12月1日(月)プレビュー公演) 会場:新宿コマ劇場 ※公演の詳しい情報は⇒公式サイトへ
《全国ツアー公演》
期間:2008年12月27日(土)〜2009年3月10日(火)会場:全国20都市 ※詳しい情報は⇒公式サイトへ

T4 1stシングルCD『恋よりも生命よりも〜愛と青春の宝塚より〜』
2008年12月3日発売
発売元:DREAMUSIC
MUCD-5145/価格:1,500円
《収録曲》
1. 恋よりも生命よりも〜愛と青春の宝塚より〜
2. スキヤキソング
3. 恋よりも生命よりも〜愛と青春の宝塚より〜(カラオケ)
4. スキヤキソング(カラオケ)
⇒Amazon.co.jpで情報を見る

☆紫吹淳:しぶき じゅん。女優、元宝塚歌劇団月組トップスター。86年、宝塚歌劇団入団。2001年月組トップに就任。04年「薔薇の封印」を最後に退団。退団後は女優として舞台や映像で幅広く活躍。主な出演作品に「ボーイ・フロム・オズ」「グランドホテル」「TITANIC」「モダン・ミリー」「DRACULA」「SHOUT!」ほか。

☆湖月わたる:こづき わたる。女優、元宝塚歌劇団星組トップスター。埼玉県出身。89年、宝塚歌劇団入団。2003年、星組男役トップに就任。06年「愛するには短すぎる」を最後に退団。退団後は女優として舞台を中心に活躍。主な出演作品に「Damn Yankees」「夜叉ヶ池」「オール・シュック・アップ」「カラミティ・ジェーン」「ACHE」「Re−Birth」ほか。


検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内