現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. 演劇
  5. 記事

冨士山アネットが凱旋公演

2009年5月8日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 斬新な身体表現で注目される冨士山アネットが「Romeo.」を22日から24日まで、川崎市アートセンターで上演する。4月にシンガポールで行った初の海外公演の凱旋(がいせん)公演。主宰で作・演出・振り付けの長谷川寧は「どんな国や文化の人にも見てもらえる、強度のある舞台を作っていきたい」と語る。

 「ロミオとジュリエット」をモチーフにした06年初演作を全面的に改訂した。戯曲をもとに、ほぼ無言のダンス的な作品をつくる独自の「テアタータンツ(ダンス的演劇)」の手法で、演劇・ダンスのジャンルを超える活動をめざす若手ユニットだ。2700円。電話044・955・0107(川崎市アートセンター)。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内