現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. 演劇
  5. 記事

文学座アトリエの会が独戯曲 28日から

2009年11月27日

 文学座アトリエの会がドイツの劇作家ファルク・リヒターの「崩れたバランス」を上演する。演出はドイツ留学した若手の中野志朗。酷寒のベルリンでクリスマスイブを過ごす孤独な都会人たちの群像劇だ。

 文学座がドイツ演劇を上演するのは89年の「春のめざめ」(ベデキント作)以来20年ぶり。69年生まれのリヒターはベルリン・シャウビューネ劇場を中心に活動し、オペラ演出も手がける。

 新野守広訳。本山可久子、赤司まり子、目黒未奈、岡本正巳、中村彰男ら出演。28日〜12月13日、東京・信濃町の文学座アトリエ。4300円。電話03・3351・7265(劇団)。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内