現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. 演劇
  5. 記事

可児市発信の岸田小品選 新国立劇場小劇場で

2010年1月22日

 岐阜県可児市の可児市文化創造センターが企画制作した「岸田國士小品選」が23〜27日、東京・初台の新国立劇場小劇場で上演される。同センターは芸術家が滞在して創作する「アーティスト・イン・レジデンス」を重視。この作品も出演者・スタッフが現地に長期滞在してけいこを行った。

 「紙風船」「葉桜」「留守」の3本立てで、文学座の西川信廣が演出する。「葉桜」では、実の母娘である音無美紀子と村井麻友美が、見合いをした娘とその母という役柄で共演する。他に若松泰弘、麻丘めぐみが出演。

 4000円。電話03・5355・1332(中村ステージプロダクション)。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内