現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 舞台
  4. 演劇
  5. 記事

安吾モデル「無頼の女房」 新宿・紀伊国屋ホールで上演

2010年3月28日

 劇団東京ヴォードヴィルショーが中島淳彦作・演出「無頼の女房」を4月3〜11日、東京・新宿の紀伊国屋ホールで上演する。中島が座付き作家を務める劇団道学先生が2002年に初演し、06年には堤泰之演出で再演された人気作だ。

 「堕落論」「白痴」などで知られる小説家・坂口安吾をモデルにした昭和の無頼派作家・塚口圭吾(佐藤B作)と妻やす代(あめくみちこ)と夫婦を取り巻く人々を喜劇タッチで描く。

 石井愃一、市川勇、山口良一、斎藤清六、大西多摩恵、井之上隆志ら出演。6500円。電話03・3227・8371(劇団)。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内