現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. テレビ・ラジオ
  5. 記事

トヨエツのキンチョールCM、気になるあの腰の動き

2009年5月5日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 KINCHOの「キンチョール」のCMで、豊川悦司さんと一緒に出演している女性の腰の動きが気になります。

 キンチョールを持って、町内のダンス教室にやってきた豊川さん演じる遊び人キンちゃん。ダンスの先生はそんな彼を相手にせず、右に左に腰を動かし続けます。

 同社宣伝部の小林裕一さんに聞きました。先生役は骨盤の歪(ゆが)みを調整する「ペルヴィスダンス」を提唱するkyoさん。腰の動きはCGではなく、彼女が実際に動かしています。左右の動きを強調したのは、「短い秒数でも印象的になると思われたので、こちらからkyoさんにお願いしました」。

 残念ながら、だれもがまねできる動きではありません。「スタッフもチャレンジしてみましたが、体全体がぐにゃぐにゃ動いて、kyoさんのように上半身がぴたりと止まるということができません。日々鍛錬なさっているkyoさんだからできることでしょうね」

 このキンちゃんシリーズのCMは今年で3年目。昨年の「やらしいやろ!」という切り返しや、今年の「たまらんなぁ」のニュアンスは豊川さんのアドリブから生まれたとか。今後も楽しみですが、「実はまだ決まっていません。が、ご好評を頂ければ、また新たな展開もありえるかもしれません」と教えてくれました。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内