現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. テレビ・ラジオ
  5. 記事

全力で走って劇的に変わる毎日 俳優 桜庭ななみ

2009年6月29日

写真安藤由華撮影

 「鹿児島いちの美少女」とうわさされ、07年夏に地元でスカウトされた。「いやあ、何人もいるので『いち』じゃないかもしれないですけど」。聞きようによっては自信がありそうな発言だが、確かに落ち着いたまなざしと高く通った鼻筋は、ほれぼれさせられる美しさだ。

 「中学のとき、看護師の資格を取れる学校に行こうと思っていた」といい、芸能界には興味を持っていなかったという。スカウトされたことで「めったにないチャンス」だと思うようになり、反対する両親を説得した。ドラマ・映画の「赤い糸」などに出演し、劇的に人生が変わったが、「今は毎日楽しい。東京に来て本当に良かった」と思う。

 16歳ゆえに高校生役はぴったりだ。さらに、宇宙飛行士をめざす学生たちのドラマ「ふたつのスピカ」(NHK)では、自らの役と芸能界にいる自分を重ね合わせている。物語が進むに連れ、同じ目標を持つ仲間たちと仲良くしているだけではなく、「自分の良いところを出してお互いを刺激し合う」ようになってきた。「だれでもなれるわけではないという意味で、私たちの仕事もそれに近いものがある」

 撮影に使われた宇宙航空研究開発機構で実際の訓練現場を見たが、「(自分には)精神的にも体力的にも絶対がんばれない」。役の上では足が速いことになっているが、本人は遅いという試練も。「速くは見えないかもしれないですけど、全力で走ってます」(岩本哲生)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内