現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. テレビ・ラジオ
  5. 記事

地デジ化まで2年、アナログ休止実験 草なぎさんも復帰

2009年7月24日

写真アナログ放送の休止実験を知らせる青いテレビ画面を前に関係者が地デジをPRした=石川県珠洲市飯田町

 地上デジタル放送(地デジ)への完全移行まで2年に迫った24日午前、石川県珠洲市と能登町の一部で、全国初となるアナログ放送の「休止実験」が約1時間にわたって行われた。アナログ放送の一斉停波に向けて、地域でどんなトラブルが起きるかを把握するのが狙い。今後も休止時間を延ばして実験を重ね、来年に同市のアナログ波を完全に止める方針。

 実験の主な舞台となった珠洲市の世帯数は約6600。周囲を山と海に囲まれ、アナログ放送を休止しても他の地域に影響が少ないことなどから実験地域に選ばれた。

 この日は午前10時から約1時間にわたって、NHKと民放のアナログ放送の番組が休止。アナログで受信している世帯(ケーブルテレビ加入者は除く)のテレビ画面には代わりに「終了リハーサル実施中」とのお知らせが流れた。平日の昼間でテレビの視聴者が少ないこともあり、大きな混乱は起きていない模様だ。

 この日は東京都内でも「デジタル放送完全移行推進の集い」が開かれた。地デジ推進のメーンキャラクターに復帰した人気アイドルグループSMAPの草なぎ剛さん(なぎは弓へんに剪)が「みなさまの協力を得られるよう、がんばっていきたい」とあいさつし、完全デジタル化の円滑な実現への協力を呼びかけた。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内