現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. テレビ・ラジオ
  5. 記事

録画できるテレビ定着 7月販売、全体の14.9%

2009年8月24日

写真:シャープのBD内蔵型液晶テレビ「アクオスDXシリーズ」シャープのBD内蔵型液晶テレビ「アクオスDXシリーズ」

写真:HDDとBDの双方が内蔵された三菱電機の液晶テレビ「REAL」BHRシリーズHDDとBDの双方が内蔵された三菱電機の液晶テレビ「REAL」BHRシリーズ

 録画機能のついた薄型テレビが定着してきた。録画機器との面倒な接続が要らず、操作も簡単なのが売りだ。シャープはブルーレイディスク(BD)内蔵型の新機種を、三菱電機はBDとハードディスク(HDD)の両方を搭載した世界初のモデルを売り出す。メーカーにとっては付加価値を付けて値下げを防ぐ狙いもある。

 シャープが9月10日に発売する「DXシリーズ」は、50ギガのディスク1枚で、ハイビジョン映像を最長約30時間録画できる。26〜52型で市場想定価格は17万〜48万円前後。

 昨年11月にBD内蔵型の第1弾を発売すると、6月までに約50万台を出荷。購入者のアンケートでは、女性の割合が従来機の約2倍を占めAV機器の扱いが不得手な層を取り込んだとみている。

 パナソニックも今夏、大画面機種に限っていたHDD内蔵型を17〜37型の液晶テレビに広げた。HDD内蔵型では、日立製作所が03年、他社に先駆けて発売。日立が今春発売した15機種はすべてHDDを内蔵。東芝も春夏モデルのREGZAで3シリーズ7機種にHDDを内蔵する。

 一方、三菱電機はHDDとBDの両方を搭載した液晶テレビ「REAL」BHRシリーズを10月30日に発売。HDDで番組を録画し、BDでは市販ソフトの再生や本体HDDに記録した番組を高画質で残すことができる。37型で25万円、32型で20万円の見込み。

 ブラウン管テレビのビデオ一体型商品の販売比率は、最盛期の00年に約2割だった。調査会社BCNによると、薄型テレビのうち、録画機能付きの販売台数の割合は今年7月で14.9%。前年同月に比べて約10ポイント増だった。(田中美保、海東英雄)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内