現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. テレビ・ラジオ
  5. 記事

「バンキシャ!」誤報問題、未明に40分の検証番組

2009年8月24日

 日本テレビの報道番組「真相報道バンキシャ!」が虚偽証言をもとに岐阜県に裏金があると誤って報じた問題で、日テレは24日未明、40分間の検証番組を放送した。23日放送の「バンキシャ!」で放送した検証と内容はほぼ同じで、細川知正社長や久保伸太郎・前社長ら幹部が謝罪する映像などを流した。

 日本テレビ報道局の井田由美氏が番組の進行を務め、「うそを見抜くことができず、虚偽の報道をしてしまった」と謝罪した。番組では、誤報の原因として、インターネットで情報提供を呼びかけたことや、「放送日ありき」で取材にあたったこと、現場スタッフの取材に対する不安がプロデューサーに伝わらなかったことなどを挙げた。

 後日放送した訂正放送についても、情報提供者に番組が「だまされていたという意識」があったために、訂正内容が「不適切だった」と謝罪した。

 誤報は昨年11月に放送された。岐阜県の土木事務所が架空の工事を発注して、裏金を作っているという土木建設会社役員の話を匿名で報じたが、元役員の作り話だった。放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は、検証番組を作り、訂正放送の内容を見直すよう勧告していた。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内