現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. テレビ・ラジオ
  5. 記事

バンクーバー五輪放送、各局工夫こらす

2010年2月2日

写真:フジテレビの五輪キャスター。右から遠藤玲子、平井理央、大島由香里拡大フジテレビの五輪キャスター。右から遠藤玲子、平井理央、大島由香里

写真:NHKの五輪番組のキャスター。中央がベッキー。工藤三郎(左)と鈴木奈穂子(右)は局アナだ拡大NHKの五輪番組のキャスター。中央がベッキー。工藤三郎(左)と鈴木奈穂子(右)は局アナだ

 日本時間で13日(現地12日)から始まるバンクーバー冬季五輪。テレビ各局は日本選手の活躍を中心に放送する。時差の関係で生中継は早朝や深夜の時間帯が多くなる。ハイライトをまとめた番組などで様々な工夫をこらす。

 「スポーツ中継の基本に立ち返る」と宣言したフジテレビ。選手と競技を主役にした中継に徹する方針で、番組をもり立てるタレントキャスターの起用は見送った。民放としては異例の決断だ。

 タレントを起用しない代わりに、現地には計61人のスタッフを送る。現地キャスターには自局のアナウンサーの平井理央、遠藤玲子、大島由香里ら5人を起用。東京のスタジオでは、やはり局アナの三宅正治が競技に詳しいゲストを招いて放送する。スタジオトークを控えめにし、競技中心の編成を心がけるという。

 フジとは対照的に、NHKは初めてタレントを起用する。

 五輪期間中に原則として午後7時半から放送するハイライト番組で、キャスターに女性タレントのベッキーが登場。家族がそろってみられる時間帯の帯番組であることから、幅広い世代に親しまれている彼女に白羽の矢をたてた。

 民放幹部は「最近のNHKは若者向けの番組づくりが目立っているが、五輪でもタレントを起用するのにはびっくりした」と話した。

 日本テレビは、メーンキャスターにトリノ五輪フィギュアスケート金メダリストの荒川静香を起用。ニュース番組「NEWS ZERO」でキャスターをつとめる嵐の櫻井翔も、北京五輪に続いてキャスターを務める。

 テレビ朝日のメーンキャスターは、最近バラエティーでの活躍が目立つスポーツキャスターの松岡修造。テレビ東京はV6の井ノ原快彦が初のスポーツキャスターに挑戦する。TBSは3日に発表する。

 五輪の放送権はNHKと日本民間放送連盟によるジャパン・コンソーシアムが国際オリンピック委員会から取得した。放送枠は、NHKと民放で調整して決めた。

 NHKは総合テレビで144時間、BS1で318時間、放送する。すべての競技を扱う予定だ。民放キー局は地上波で110時間、BSデジタルで50時間放送する。

 注目競技の女子フィギュアのフリーは26日午前10時からNHKで、男子フィギュアのフリーは19日午前10時から日本テレビで、それぞれ生中継される。(丸山玄則)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内