現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. テレビ・ラジオ
  5. 記事

「幻の大河」全話が復活 視聴者協力で30年ぶり

2010年2月9日

 マスターテープが残っておらず幻の作品となっていたNHKの大河ドラマ「草燃える」が、1979年の放送から約30年ぶりによみがえった。NHKの呼びかけに家庭で録画したテープが視聴者らから寄せられ、全51話がそろった。17日から有料CS放送の「時代劇専門チャンネル」で放送される。

 放送用のテープは高価だったため、かつては放送後に重ね撮りなどをして再利用していた。大河ドラマでNHKが全話保存を徹底するようになったのは、80年放送の「獅子の時代」以降だ。

 「草燃える」は源頼朝(石坂浩二)とその妻・北条政子(岩下志麻)を軸にしたドラマ。松平健、郷ひろみ、滝田栄、武田鉄矢らの演技も注目された。平均視聴率は26.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。

 テープを内々に探していたNHKに対し、元スタッフが家で録画していた12話分のテープを07年に寄贈。出演した子役の母親からも2話分が寄せられ、計14話が昨年4月から時代劇専門チャンネルで放送された。

 その放送の予告を受けて、東京都内の50歳代の女性から「4話分のテープを持っている」と連絡があった。元ディレクターも自身が演出をした18話分の録画を提供。さらに札幌市の男性から段ボール1箱分のテープが寄せられ、全話がそろった。

 NHKは、カビをとるなどの修復作業をした上で、保存のためにデジタルテープに複製。昨年12月から各地の放送局や埼玉県川口市のNHKアーカイブスで毎月10話ずつ無料公開している。今年4月には全話が見られるようになる予定だ。

 NHKは、同様の取り組みをほかの番組でもしている。とくに大河ドラマ「花神」(77年)や科学番組「ウルトラアイ」(78〜86年)、人形劇「プリンプリン物語」(79〜82年)など5番組は、「お宝発掘キャンペーン」と位置づけて情報提供を求めている。(赤田康和)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内