現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. テレビ・ラジオ
  5. 記事

視聴率47%超の韓流スター イ・スンギ ハン・ヒョジュが来日 「華麗なる遺産」

2010年3月12日

写真:ドラマ「華麗なる遺産」で共演したイ・スンギとハン・ヒョジュ(右)拡大ドラマ「華麗なる遺産」で共演したイ・スンギとハン・ヒョジュ(右)

写真:韓国の若手ナンバーワン女優といわれるハン・ヒョジュ拡大韓国の若手ナンバーワン女優といわれるハン・ヒョジュ

写真:レギュラー出演するバラエティー番組と合わせて、「視聴率70%の男」といわれるイ・スンギ拡大レギュラー出演するバラエティー番組と合わせて、「視聴率70%の男」といわれるイ・スンギ

写真:インタビューに答えるハン・ヒョジュとイ・スンギ(左)拡大インタビューに答えるハン・ヒョジュとイ・スンギ(左)

 韓国では視聴率47%超のドラマ「華麗なる遺産」(フジテレビ系で放送中)に主演するイ・スンギと、ヒロイン役のハン・ヒョジュが今月、日本でのドラマ放送に合わせて来日した。歌手、人気バラエティー番組のMC、そして今ドラマ初主演を果たし波に乗るイと、「春のワルツ」への出演以来、映画に時代劇にと引っ張りだこのハン。超売れっ子の2人はアサヒ・コムのインタビューで演技派俳優への意欲を見せつつ、「木村拓哉のドラマが大好き」などと、飾らない一面ものぞかせた。(アサヒ・コム編集部 文・柏木友紀 写真・高山顕治)

記者会見とイベントの様子はフォトギャラリーで

 「よろしく、おねがいしまーす」。インタビューは、2人の滑らかな日本語でのあいさつから始まった。イ・スンギは、「日本のドラマを見ながら勉強しました。まだまだです」と続ける。木村拓哉のファンで、主演のドラマは「プライド」に始まり、「ミスターブレイン」までほとんど見た。それ以外にも日本のドラマは「ブザー・ビート」「ラブシャッフル」と、話題作は常にチェックしている。

 一方、ハンのお気に入りはやはり木村主演の「ロングバケーション」。「また1週間後、一カ月後に見ても、こちらの気持ちをリフレッシュさせてくれる。前向きなエネルギーがもらえるんです」。真っ白な肌と、上品なしぐさ、どことなく宮沢りえにも似たまなざしが印象的だ。

 「華麗なる遺産」は、昨年上半期に韓国で放送され、最終話は47.1%の視聴率を記録した。ラスト5回は全話40%以上で、幅広い層から支持を得ている。若い男女2人がカバンを取り違えたことから出会い、運命の歯車が動き出す。遺産を巡り、陰謀や困難、悲劇に次々と見舞われながらもくじけず、最後は本当に大切なものを見いだしていく「韓流ドラマの王道」とも言えるストーリーだ。

 前半はもっぱら憎まれ役のイを、パンチで倒すシーンなどが印象に残っているというハン。「負けず嫌いのヒロインが笑ったり泣いたり。それを多くの人が共有してくれました。見終わった後、生きることへの希望を感じていただけたら」

 熱心なあまり、ハンのセリフまで覚えて言ってしまい、現場を混乱させてしまったというイ。「これまで皆さんが自分に対して描いていたイメージとは全く違う役に最初は戸惑いましたが、とても勉強になった」。ドラマ終了後には、ハンの髪形や服装、イのストールの巻き方などが街にあふれるなど、一大ブームとなった。

 共に、目標とする俳優は特に定めていないが、「演技にかける情熱が感じられる役者に」(ハン)、「この人の演技が見たいと言われるように」(イ)と、演技派を志向している。

 2人とも次のドラマやバラエティーの収録を控えており、駆け足での来日となった。次に来た時には、「いつも見ている東京タワーに昇ってみたい。東京の象徴だから」(イ)「休みが取れれば、札幌や小樽に行って温泉に入りたい」(ハン)。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内