メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

赤田康和(文化くらし報道部)

twitter icon

 文化くらし報道部で電子書籍など出版業界の取材を担当。ほかに著作権やメディア、詩を取材してきました。ツイッターでの投稿内容は私個人の意見です。朝日新聞社の見解ではありません。RTやリンクは賛意とは限りません。

赤田康和 最新のツイート

写真から赤田康和のニュースを見る

  • 折々のうたシンポジウムに出席した大岡信=2007年7月
  • 大岡信の思い出を語る美術家の加納光於=神奈川県鎌倉市のアトリエ
  • 原稿の山を前に「折々のうた」について語る大岡信=1997年、東京の自宅
  • 「炎のうた」の歌詞を一緒につくったジュリエット・グレコ(左)と大岡信=中村敬子さん撮影
  • 詩人の谷川俊太郎、高橋順子と共に連詩を制作する大岡信(右端)=1999年ごろ撮影、高橋さん提供
  • 大岡信。執筆で多忙な日々だったが、海外に行く仕事も多かった=1981年撮影
  • 大岡信。1960年代後半の頃とみられる=石川周子さん撮影
  • 同人誌「櫂」の大岡信(左端)、谷川俊太郎(左手前)ら=大岡かね子さん提供
  • 大岡信(右)と妻かね子。1953年頃=石川周子氏撮影、かね子さん提供
  • 大岡信の遺影のそばにたたずむ俳人の長谷川櫂(左)と妻かね子=4月5日、静岡県裾野市
  • JASRACが音楽教室から徴収 反発も激しく
  • JASRACが音楽教室から徴収、反発も激しく/日本音楽著作権協会(JASRAC)
  • 永田夏来さん
  • 「むじな」の句会。左から2人目が浅川芳直さん=仙台市
  • 日本の主な災害アーカイブス
  • 音楽教室からの徴収開始を発表した日本音楽著作権協会の浅石道夫理事長(左)と大橋健三常務理事=8日、東京都港区

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

注目コンテンツ