メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

中川仁樹(ウラジオストク支局)

twitter icon

朝日新聞の国際報道部記者。ロシアに2年住んだことがあり、現在はウラジオストクで取材中。これまで札幌、福岡、東京で勤務。経済部では自動車、金融、エネルギー、雇用問題などを取材してきました。直前はGLOBE編集部。

中川仁樹 最新のツイート

写真から中川仁樹のニュースを見る

  • 昨年8月にモスクワ郊外で開かれた軍事フォーラムで大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射台も登場した
  • ナバリヌイ氏が集会で放つ政権批判の鋭い言葉に若者は熱狂した=2017年10月、ロシア北部アルハンゲリスク
  • 「選挙に自由を、ナバリヌイに自由を、ナバリヌイ支持」と書いた紙を掲げる女性=2017年10月、サンクトペテルブルク、中川仁樹撮影
  • 戦闘服姿で訓練コースを駆け抜ける子供たち。教官が持つ銃からはエアガンの弾が飛ぶ
  • 記者会見したIPCのパーソンズ会長=AP
  • 戦闘服姿で訓練コースを駆け抜ける子供たち。教官が持つ銃からはエアガンの弾が飛ぶ=2017年11月、カルーガ州、中川仁樹撮影
  • 熱気が高まり、デモ行進を始めたサンクトペテルブルクの集会参加者ら。「ペテン師(プーチン氏)には関わるな」と書かれた紙を掲げる女性の姿も=28日、石橋亮介撮影
  • 北朝鮮とロシア、中国の国境地帯
  • 建設現場で働くアジア系の労働者。ロシア側の説明では北朝鮮労働者だという=28日午前
  • 50周年を迎えたオスタンキノタワー。1967年の完成時は世界一の高さを誇った=モスクワ、中川仁樹撮影
  • 奴隷が飛び降りた崖と、母子のオブジェ=モーリシャス南西部ル・モーン・ブラバン
  • 反体制派ナバリヌイ氏への支持を示す赤い札。モスクワの推薦人集会には700人以上の支持者が集まった=24日、モスクワ、中川仁樹撮影
  • ロシア時短料理の定番です

WEBRONZA・WEB新書掲載の中川仁樹のニュース

記事がありません。

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

注目コンテンツ